ハチミツ的な何か ?ブーン系小説短編まとめ?

ブーン系小説短編まとめサイトですお( ^ω^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

( ^ω^)はチャレンジを始めるようです


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:16:20.27 ID:aM/J0EAh0

( ´∀`)「この前の算数のテストを返すモナ」

( ^ω^)「モケケケケwww今回のテストは自信があったから90点は固いおwww」

僕はブーン、私立VIP小学校に通う小学6年生だ
来年は中学生になるが、今回のテストも自信があるし、きっと大丈夫だ!

( ´∀`)「ブーン!お前今回成績が悪かったぞ! ちゃんと勉強しろよ」

(;^ω^)「ゲッ 59点…」

( ´∀`)「ショボン! 今回も頑張ったな」

(´・ω・`) 「ウホッ! 90点うめえwww」


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:20:55.94 ID:aM/J0EAh0



こいつは僕と同じのクラスのショボン
最近、塾を行くようになって調子をぶっこくようになってきた

(´・ω・`) 「あれれれ? これはこれは。ブーンさんじゃありませんか」

嫌味な笑いを浮かべながらショボンが近づいてくる

(´・ω・`) 「君、今回のテストどうだった?」

(;^ω^)「え? 悪かっt」

僕が言い終わる前にショボンが口を挟む

(´・ω・`) 「言わなくても分かる…悪かったんだろう」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:22:28.70 ID:aM/J0EAh0



分かってんなら聞くんじゃねーよ、と思いながらもぼくは
ショボンの口臭に我慢しながら言葉に耳を傾ける

(´・ω・`) 「あははw図星かい? まあ僕を目標にして頑張れよww」

( ^ω^)(マジこいつ死んでくれないかな)

――――放課後

( ^ω^)「ただいまー」

J( 'ー`)し「おかえり。今日のテストどうだった?」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:25:23.90 ID:aM/J0EAh0


(;^ω^)「え? どどどど、どうしてその情報を」

母親の情報網、恐るべしそんなことを思いながら
自分の点数を思い浮かべる。恐怖で身震いがした

J( 'ー`)し「どんな点数でも怒らないから早く見せなさい」

僕は生まれてこの方、「怒らないから見せなさい」と、言われて
怒られなかったためしが一度も無いのは気のせいだろうか
しかし、その言葉を信じて恐る恐る、母の手に59と書かれた紙を渡す

J( 'ー`)し「…はぁ」

母は怒りこそしないけれど、呆れた様なため息を出す

J( 'ー`)し「もう中学も近いし…塾始める?」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:27:52.60 ID:aM/J0EAh0


(^ω^)

(゚ω゚)「無理無理無理無理無理無理無理無理無理m」

塾とは…小学生にとっては遊ぶ時間が減る、それだけの
感覚だ。当然、毎日遊びほうけている僕には拷問のような仕打ちである

J( 'ー`)し「次のテストでこれ以上悪かったら…ショボン君と同じ近所の塾へ行くのよ」

(;^ω^)「よりによって、あいつと同じ塾は絶対嫌だお」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:32:16.33 ID:aM/J0EAh0



――――翌日

( ^ω^)「おいすー」

(´・ω・`) 「おはy

ξ ゚?゚)ξ 「あっブーンおはよー」

こいつは僕の幼馴染のツン。学年1の秀才だ
男勝りな性格で、いつも強気で俗に言う「ツンデレ」って感じである

ξ ゚?゚)ξ 「もうすぐ学年末テストだけどちゃんと勉強してる?」

自分は頭がいいからって…嫌味な奴だ。そんなことを考えながら僕は答える

(´・ω・`) 「僕はちゃんとしt

(;^ω^)「実はあんまりやる気がしないんだお。」

ξ; ゚?゚)ξ 「あんたねー…ちゃんと勉強しないと中学に入ってから落ちこぼれるわよ」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:36:44.81 ID:aM/J0EAh0


( ^ω^)「中学にはいってから頑張るおww」

(´・ω・`) 「それじゃあ遅i

ξ ゚?゚)ξ 「はぁ?、本当にお気楽人間ね、あんたって」

ξ ゚?゚)ξ 「中学生の先輩のアンケートによると、小学校の時の復習をしないと困る
       っていう意見が全体の八割なのよ」

僕はフーンと、適当にあいずちをうって、聞き流していたが
ツンの話を聞いていると、だんだん不安になってきた

(;^ω^)「やっやばいお! だんだん不安になってきたお」

(´・ω・`) 「はははw馬鹿は苦労するよn

ξ ゚?゚)ξ 「でも、大丈夫よ。今からでも遅くはないわ! これを見て」

ツンは持っていた封筒を僕に渡す。僕は封筒の中身を静かに取り出す

(´・ω・`) 「…」

ショボンはそっと場を離れたようだ

( ^ω^)「チャレンジ…?」

ξ ゚?゚)ξ 「そう、あんたの家にも封筒が来たことあるでしょ!」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:43:48.79 ID:aM/J0EAh0


( ^ω^)「漫画だけ読んであとは捨ててたおwww」

ξ; ゚?゚)ξ 「おい! 」

彼女は呆れた様子でため息をつく
しかしチャレンジの漫画は異様にクオリティが高い気がする

ξ ゚?゚)ξ 「今、チャレンジをやるとこんな物がもらえるわよ。私もこれをやって勉強してるの」

(*^ω^)「おおおwwなんだおこのMP3プレイヤーみたいなカッチョイイ機械は」

ξ ゚?゚)ξ 「ふっふっふwまだまだ豪華特典があるわよ」

(^ω^)「なんというクオリティー!チャレンジは間違いなく赤字」

ξ ゚?゚)ξ 「さらにさらに、今なら得点upシートも、さらに(ry」

僕は完全にチャレンジに心を奪われていた…
そう、まるで暗示をかけられるように


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:50:37.00 ID:aM/J0EAh0



(*^ω^)「帰ったらカーチャンに早速頼んでみるお!」

その瞬間、ツンがほくそえんだ気がした

ξ ゚?゚)ξ 「じゃあ、健闘を祈るわよ」

――――放課後

( ^ω^)「ただいまー」

J( 'ー`)し「おかえり」

( ^ω^)「カーチャン、実は折り入ってのお願いがあるんだお」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:56:37.62 ID:aM/J0EAh0


J( 'ー`)し「お小遣いなら駄目よ」

(;^ω^)「いや、そうじゃなくて…」

僕は緊張しながら一拍置いて話し始める

( ^ω^)「僕、本気で勉強したいんだお」

J( 'ー`)し「…それで?」

(;^ω^)「だから、チャレンジをやりたいんだお」

J( 'ー`)し「あんた、昔やってたけど、ためてやめちゃったじゃない」

(;^ω^)「今のチャレンジは30分で習った範囲を総復習できるから
       今度は絶対ためないお」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:00:24.28 ID:aM/J0EAh0


カーチャンは黙ったまま、何かを考えてるようだった
そして静かに口を開いた


J( 'ー`)し「…こんどは頑張るのよ」

(*^ω^)「ありがとうございますお!」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:13:49.82 ID:aM/J0EAh0


――――三日後


(・∀ ・)「配達でーす」

(*゚ω゚)「ふおぉおおおお」

(;・∀ ・)「ひっ…ハンコお願いします」

僕はありえないテンションで箱を受け取った
そして希望を胸に箱をべりべりと開ける


(*゚ω゚)「キター! MP3プレイヤー!!!」

(;^ω^)「ってあれ?なんで英語の単語しか流れないんだお…」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:20:42.78 ID:aM/J0EAh0


(#゚ω゚)「詐欺だお! 金返すお!」

僕は舌打ちし、何とか怒りを抑えた

(;^ω^)「いかんいかん。僕は勉強するために始めたんだお」

( ^ω^)「とりあえず、早速勉強タイムだおwww」

――――翌日

ξ ゚?゚)ξ 「ブーン届いたのねやったじゃない!」

( ^ω^)「おっおっおwwww昨日は張り切って徹夜してしまったおww」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:28:16.05 ID:aM/J0EAh0



ξ ゚?゚)ξ 「ねぇ次の日曜日一緒にチャレンジで勉強しましょうよ」

( ^ω^)「ナイスアイディアだおwww」

ξ ゚?゚)ξ (^ω^ )ワイワイ

ショボンが近くで悲しい目をしながらこちらを見ていた
僕は気づいていたけどあえて声はかけなかった

(´・ω・`) (僕だって本当は遊びたいさ…でも塾があるし)


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:37:56.67 ID:aM/J0EAh0


―――― 一週間後

( ´∀`)「この前やった算数のテストを返すモナ」

( ^ω^)「チャレンジでやった成果がでるといいお」

ξ ゚?゚)ξ 「きっと大丈夫よ…」

(;^ω^)(それにしてもショボンがヤバイくらい疲れてるみたいだお)

僕が右を見ると、目には隈ができ、顔もやつれたショボンがいた

:(;´゚'ω゚'`):「…」

名前を呼ばれたので、僕は視線を前に戻し
静かに前に歩き出す

( ´∀`)「ブーン、よく頑張ったな!」

僕はゆっくりと答案の点数を確かめる


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:45:00.91 ID:aM/J0EAh0




(*^ω^)「95点!やったおツン」

ξ*゚?゚)ξ 「おめでとうブーン!」

ツンも答案が返って来ると良かったらしく
笑顔で笑いあった、しかし…

( ´∀`)「ショボン、お前最近点数が下がり気味だぞ!どうしたんだ」

:(;´゚'ω゚'`):「そっそんな…」

ショボンは今にも泣きそうな涙目で席に戻った
まるで前の僕のようだ


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:56:55.20 ID:aM/J0EAh0



( ^ω^)「ショボン!」

僕は精一杯叫ぶと、ショボンが振り向いた

:(;´゚'ω゚'`):「笑えよ…僕がいい気味だろう」

( ^ω^)「違うお」

:(;´;'ω;'`):「じゃあ何だよ! 僕は君らみたいにお気楽人間じゃないんだよ!!」

:(;´;'ω;'`):「毎日毎日、塾で夜遅くまで勉強だし、宿題は山ほど出るし…」

ショボンは泣きながら叫ぶ

( ^ω^)「僕はショボンとまた、笑いあいたいんだお」

ξ ゚?゚)ξ 「ブーン…」

:(;´;'ω;'`):「…」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 22:03:02.55 ID:aM/J0EAh0


( ^ω^)「だから…一緒にチャレンジをやらないかお!」

ξ ゚?゚)ξ 「そうよ! 一緒にやりましょう」

僕は正直にショボンとまた競い合いたかった

(´うω・`) 「うっうるせー! 僕は始めからやるつもりだったよ!」

(´・ω・`) 「だから…覚悟しておけよお前ら!」

( ^ω^)「おっおっおwww素直じゃないお」

ξ ゚ー゚)ξ 「本当ねwww」

( ´∀`)「なにこの茶番」

担任…空気嫁


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 22:13:56.39 ID:aM/J0EAh0


僕達はそれから学年末テストに向けて
一緒に勉強しあったりした…勿論ショボンも一緒に。

そして、ついにその日はやってきた

(;^ω^)「やばいお…ドキがムネムネしてきたお」

ξ ゚?゚)ξ 「大丈夫よ、あれだけ勉強したし」

(´・ω・`) 「僕の力を見せ付けるときがついに来たね」

( ´∀`)「そろそろ始めるモナ!」

僕は自分に大丈夫と言い聞かせ席に着く

( ´∀`)「よーい始め!」

そしてお決まりの台詞…

( ^ω^)ξ ゚ー゚)ξ(´・ω・`)「これは! チャレンジでやった問題だ!」

ありがとうチャレンジ!



( ^ω^)はチャレンジを始めるようです―fin―


50 名前: ◆dolRwHnhmc :2009/02/05(木) 22:18:44.55 ID:aM/J0EAh0


皆さん、支援などの言葉…ありがとうございました!11
投下スピードが遅くて申し訳ないです。そしてこんな駄小説に
ここまで付き合っていただきありがとうございました!!
ではではノシ
スポンサーサイト
  1. 2009/02/08(日) 23:06:24|
  2. ブーン系小説(短編)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<( ´_ゝ`)頭ボサボサボサノバダンスのようです | ホーム | ( ^ω^)('A`)ブーンとドクちゃんがほのぼのするようです>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatimituboy1061.blog66.fc2.com/tb.php/89-165aa3eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。