ハチミツ的な何か ?ブーン系小説短編まとめ?

ブーン系小説短編まとめサイトですお( ^ω^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

('A`)世界と僕のようです


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/03(土) 00:14:26.95 ID:OJvlAwULO
ねえ
 
どうして?
 
どうして君は
 
ここにいないの?
 
あたしの傍に。
 
―――('A`)世界と僕のようです


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/03(土) 00:16:47.65 ID:OJvlAwULO
 
私には、ずっとずっと好きな人がいる。
 
欝田独男
 
色素の薄い髪。
どこか遠くを見ている様でその実、しっかりと全てを見据えている瞳。
どこまでも通る声。
私はそんな彼が大好きだった。
彼を初めて見たのは去年の事だった。
その頃私は、体が弱く、よく体調を崩していた。 
その日も学校に来たは良いが体調を崩し、廊下の隅に蹲っていた。
みんなが私なんか見ずに
―今考えると、きっと私は誰にも見えていなかったのだろう―過ぎ去って行くなか、彼だけが私を見付けてくれた。
 
('A`)「大丈夫?体調悪いなら保健室にでも…」
 
そう言って、友人と一緒だったにも関わらず、私を保健室まで連れていってくれた。
その時から、きっと
私は彼を好きになっていたのだろう。



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/03(土) 00:18:24.94 ID:OJvlAwULO
彼はもてる。
優しいし、いろんな事によく気が付く。
男女共に評判が良い。
成績はずば抜けて良いと言う訳では無いが、悪くもない。
普通と言うやつだ。
だが先生方からの評判も良い。
私はいつからか、そんな彼を噂する声や、誉め称える声に、喜びを感じるようになっていた。
そんなある日。
放課後、偶然通りかかった裏庭。
見覚えのある背中を見付けた。
……私が間違える筈が無い。
ドクオ君だ。
声をかけてみようと思い、ゆっくりと近付いた。



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/03(土) 00:20:16.98 ID:OJvlAwULO
…………彼は、女と一緒だった。
私は二人から気付かれない様に、物陰に隠れて二人の会話を聞くことにした。
 
ミセ*゚ー゚)リ「あ、あの…。ドクオくん…、あのね、…私」
 
告白、と言うやつだろうか。
何故か、私はその女の子に苛立ちを覚えた。
自分でも、気付かないような微かな苛立ち。
 
ミセ*>ー<)リ「す、好きです!私と、付き合ってもらえませんか…?」
 
目の前が、暗く、なった気がした。ドクオくんはどう答えるのだろう…。怖い。
 
('A`)「…………ごめん。その気持ちは嬉しいけど…。本当にごめん」
 
その言葉を聞いた途端、ほっとした。
次の瞬間。
笑いがこみ上げてきた。自分の立場もわきまえずドクオくんに告白してきて、振られた無様な女。可哀想ね。
でも貴方じゃ釣り合う訳が無いのよ。



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/03(土) 00:22:02.65 ID:OJvlAwULO
そう思いながらまだ続いていた二人の会話に耳を傾けた。
 
ミセ*゚ー゚)リ「ど、どうして!?ドクオくん好きな人いるの?」
 
好きな人。いるのだろうか、ドクオくんに。
また心臓がどきどきしてきた。
 
('A`)「…………うん。ごめん」
 
目の前が、暗く、何も見えない。
誰?誰?誰!?
 
ミセ*゚ー゚)リ「そ、そっか…」
 
('A`)「ごめん」
 
ミセ*゚ー゚)リ「う、ううん!良いよ!こっちこそごめんね!それじゃあ、また」
 
('A`)「ああ、また」
 
もう二人の会話は聞こえてこなかった。耳をすり抜けて行く。
誰?ドクオくんの好きな人。
…………そうだ、調べなきゃ。
ドクオくんに似合う人じゃ無きゃ許さないんだから。そう思い、私は急いで教室に戻った。


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/03(土) 00:24:33.14 ID:OJvlAwULO
彼が親しくしている女を片っ端から調べあげる。彼の好みは知っている。
親しくしている女の中から、好みと思われる女をリストアップしていく。
その数、10人。
 
「…10人。この中に、彼が好きな人がいるのよね…」
それは誰?
きっとこの10人も彼の事を憎からず思っているだろう。
だって彼を嫌いだと言う人は聞いた事が無い。そう、彼は人気者。その事実が、私を酷く喜ばせた。
―――何故かは、分からないけど。問題はここからどう絞るかだ。
考えても考えても分からない。ふと時計を見たらもう19時だった。
私は教室で2時間も考えてもいた事になる。
その事実に少々驚きながらも帰る支度をして、帰路に着いた。
家へ向かう途中、ドクオくんを見た。
先程リストアップ10人の内の一人と一緒だ。親しげに話している。
 
『……まさか、あの子が?』
 
その親しげな二人を、それ以上見ていられなくなって、私は家へ急いだ。


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/03(土) 00:25:33.40 ID:OJvlAwULO
翌日。
学校へ行くと、ドクオくんが落ち込んでいた。
珍しい。
彼は落ち込んでいてもあそこまで表に出さない人だから。
クラスメイトの話を聞くと、友人が亡くなったらしい。
その亡くなった友人と言うのは、昨日見た親しげな女子だと言う。
私は複雑な反面、嬉しかった。
彼に似合わない女が一人消えたのは嬉しい。
でも、彼があんなに落ち込んでいるのは見たくない。
でも、普段から仲が良いわけでは無い私には、彼に何も出来なかった。




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/03(土) 00:26:22.14 ID:OJvlAwULO
翌日。
今度は、二人死んだらしい。
 
偶然なのだろうか?
彼が親しくしていた子ばかり…。
 
奇妙な偶然。
 
彼の落ち込み様を見て悲しい気持ちになる。
 
でもやっぱり少しだけ嬉しい。
 
これでまた、彼にふさわしくない女が消えた。
あと、7人。
 


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/03(土) 00:27:38.98 ID:OJvlAwULO
 
 
 
 
 
 
 
3人死んだ。
ドクオくんにふさわしくない女はみんな消えた。
ふふ、ふふふふふ。
でも、ドクオくんにふさわしい人って誰なのかしら?
もう一度、彼の好みのタイプを思い出す。
 
小柄な身長
 
さらさらの黒髪
 
優しい性格
 
おしとやか
 
元気過ぎるよりだったら少し体が弱い位が良い
あら?
これって私?
何だ、ドクオくんってば、私の事が好きだったのね?


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/03(土) 00:28:56.43 ID:OJvlAwULO
 
ならそうだと言ってくれれば良いのに。
 
だって私だって貴方の事が大好きなんだもん。
 
(;A;)
 
やだなぁ。泣かないで? 
あ、手が汚れてるから拭ったらドクオくんの顔が汚れちゃうね。
 
あ。服も汚れちゃってるから服に拭っても意味無いや。
あはは。
赤いね。
私何したんだっけ?
ああ、そうそう。
ドクオくんにふさわしくない女をね、みんな掃除したの。
 

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/03(土) 00:30:11.79 ID:OJvlAwULO
 
あんな人たち、傍にいるだけで悪影響だわ!
 
でももう大丈夫。
 
ドクオくんの傍には私だけだし。
 
…………痛っ
 
……どうして?どうして 
私を突き放すの?
 
痛いよ。
 
(#;A;)
 
危ないじゃない。
 
痛っ!やめて、蹴らないで!!どうして!?何でこんな事するの!?
 
…………ああ、そっか。 
もう骨の髄まであいつらに汚されちゃったんだね?
 
可哀想なドクオくん。
でも大丈夫!


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/03(土) 00:32:39.90 ID:OJvlAwULO
 
 
 
 
ζ(ー*ζ世界が助けてあげるよ。
ドクオくん。
 
 
 
大好き
 
 
 
 
 
ζ(゚∀゚*ζア イ シ テ ル
 
 


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/03(土) 00:34:20.40 ID:OJvlAwULO
以上で終わりです支援ありがとうございました
スポンサーサイト
  1. 2009/01/03(土) 01:59:21|
  2. ブーン系小説(短編)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<――――( ゚∀゚)沼の愛のようです | ホーム | ( ^ω^)は処女を大事にするようです>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatimituboy1061.blog66.fc2.com/tb.php/64-6549f815
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。