ハチミツ的な何か ?ブーン系小説短編まとめ?

ブーン系小説短編まとめサイトですお( ^ω^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(´・ω・`)('A`)( ^ω^) 無題


331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/01(木) 02:19:23.21 ID:4pHZ+blKO
ニチャン歴382年
VIPとラウンジによる戦争が勃発した。
理由は単純。ただ物資資源の取り合いからである。
人の醜い欲から生まれたこの戦争は、野の花を踏み潰し、山の緑を灰に変え、母なる海を汚した。
もちろん市街地も例外なく瓦礫の山へと姿を変えつつあった。

そして、VIPの片田舎にある小さな動物園も、戦火に見回れようとしていた。


335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/01(木) 02:21:44.79 ID:4pHZ+blKO
(;゚д゚ )「そんな! それじゃこいつらはどうするんですか!」

( ・∀・)「……殺すか、見捨てるしかないだろうな」

(#゚д゚ )「クソッ! こいつらにはなんの罪もないでしょう!」

( ・∀・)「仕方ないんだよ……。今や近くで小競り合いとはいえ戦闘が始まっているし、そろそろここも来るみたいな噂もある。
     私達も避難するしかないんだ」

(  ∀ )「分かってくれ、私も出来ることなら、あの政治家共をぶん殴ってやりたいところなんだ」

そう言って離れて行く園長さん。
「ショボンはペンギンなのに私より上手いなw」と、よく僕の芸を褒めてくれてるいい人だ。

( ,д )「済まない……済まないお前達……」

俯きながらも、僕達の檻から離れて行く飼育員さんの目には光るものが見えた。
ねぇ、どうしたの?

(´・ω・`)「どうして泣いてるの?」


336 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/01(木) 02:22:53.58 ID:4pHZ+blKO
飼育員さんは、僕の問いに答えることはなかった。

( ^ω^)「どうしたんだお?」

(´・ω・`)「ああ、ブーン。
      いや、さっき飼育員さんと園長さんがここで何か話してたんだよ」

( ^ω^)「へぇー」

(´・ω・`)「しかも飼育員さんは泣いててさ、なんか並々ならぬ感じだったんだ」

( ^ω^)「飼育員さんがかお……
      やっぱりセンソウとか言うのが問題なのかお?」

(´・ω・`)「さすがにそこまでは分からなかったけど、そうかもね」

('A`)「魚くれる時もセンソウがどうのこうの言ってたからなぁ」

(´・ω・`)「あぁ、ドクオも起きてたのか」

('A`)「こうも煩くっちゃゆっくりと昼寝も出来ないさ」

(´・ω・`)「なんか最近は僕のエンソーを見たいって来てくれる人間さんも来ないし、嫌な予感がするんだ」

( ^ω^)「……」

('A`)「確かにな……」


340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/01(木) 02:25:01.21 ID:4pHZ+blKO
今までは毎日のように何人もの人間さんが、僕のエンソーを聞きに来てくれた。
僕がそれを覚えたばかりの頃などは、本当に人の群れが出来ていたっけ。
けど、ここ最近は来る人は全くいなくて。
毎日毎日エンソーしても、飼育員さん達と園長さんくらいしか聞いてはくれなかったのは少し寂しかった。

(´・ω・`)「じゃあまたちょっとエンソーしてくる」

('A`)「俺は寝直すかな」

( ^ω^)「じゃあ僕はショボンのエンソーを聞くことにするお!」

僕は内藤を連れて部屋の外へ出た。
そしていつもの場所にある僕の愛用品。
白いものや黒いものを押すと音が出る不思議なもの。
どうやら人間の言葉で「ピアノ」とか言うみたい。

僕は昔からそれを使って遊ぶのが好きだった。
何時だったか飼育員さんがなんとかっていう曲を教えてくれた。
僕はそれを一生懸命覚えた。
それを初めてできた時、飼育員さんは凄い喜んでくれたっけなぁ。

(*^ω^)「さすがショボン! ショボンのエンソーはいつも元気が出るお!」

エンソーを終えると、隣でブーンは手をパタパタさせていた。


341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/01(木) 02:26:08.81 ID:4pHZ+blKO
(´・ω・`)「ねぇブーン。なにやってるのさ?」

( ^ω^)「ハクシュだお。飼育員さんが教えてくれたお。
      それより……」

(´・ω・`)「うん……」

彼の言いたいことは分かってる。
また誰も見に来てはくれなかった。
最後に聞きに来てくれた人はどれだけ前だっけ?

( ^ω^)「ショボン。もうお日様は帰っちゃったお」

(´・ω・`)「うん……分かってる」

明日こそはと思いつつ、僕は寝る事にした。

そういえば……今日はライオンさんやゾウさんの声は聞こえなかったな。
どうしたんだろう?


346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/01(木) 02:29:09.16 ID:4pHZ+blKO
寝てからどれだけ経っただろうか。
ドクオの声で僕は目を覚ました。

(;'A`)「おい! 起きろショボン!」

(´-ω-`)「んー、何なのさ一体……」

(;'A`)「いいからこいって!」

そう言って僕を無理矢理部屋の奥に引っ張って行った。
外を見ればまだ真っ暗だ。

(´・ω・`)「まだ夜じゃない……一体どうしたのさ」

(;'A`)「いいか、落ち着いて聞けよ。
    ブーンが死んだ」

(´・ω・`)「……え?」

('A`)「……見ろ」

そう言って彼が示す先には、確かに、ブーンらしきものが血塗れで横たわっていた。

その時、僕の中の何かが壊れた。


349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/01(木) 02:30:39.86 ID:4pHZ+blKO
('A`)「さっき、外から人の叫び声と聞いたこともない変な音がいくつも聞こえたんだ」

('A`)「それでブーンが見て来るって言い出して」

('A;)「俺……俺止めたんだ。やめとけって、嫌な予感がするからって。
    けどあいつは出て行ったんだ。」

(;A;)「そしたら……そしたら……また違った音がして、あいつはいきなり倒れて……それっきり動かなくなって……」

(´ ω `)「うそ……ブーン……だって寝る前までは普通に……」

(;A;)「うぅ……」

(´;ω;`)「なぁ! 嘘なんでしょ!? 嘘って言ってよ!」


351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/01(木) 02:33:36.84 ID:4pHZ+blKO
その後は誰も眠れなかった。
ブーンみたいになってしまうのではという恐怖があったからだ。
そもそも大切な友達が死んだのにのんびり眠れるわけがない。

(´ ω `)「……」

( A )「……」

永遠に感じられる夜もいつしか終わり、ようやくお日様が顔を出した。
だが、日が辺りを照らしても、僕らは影に隠れていた。
隅から見る朝日は十分眩しかったが、僕達の心は暗く沈んでいた。
その日僕達は皆、初めて外に出ることなく過ごした。
そして結局、僕は人の叫び声も、謎の音も聞くことはなかった。


353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/01(木) 02:35:02.84 ID:4pHZ+blKO
次の日、辺りは不気味なまでに静かだった。
ライオンさん達だけじゃない。
お猿さんや鳥さんなど、昨日まであった僕たち以外の気配は全くなかった。

そのせいもあってか僕も仲間達も精神的にかなり疲れているのが分かる。

(*^ω^)『ショボンのエンソーはいつも元気が出るお!』

どうだろう……。今の僕に出来るのだろうか……。
ブーンを見た。死体は語らない。
しかしそれはまるで僕にエンソーするように語りかけているようだった。


355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/01(木) 02:37:31.08 ID:4pHZ+blKO
(;'A`)「おい! どこに行くんだよ!」

(´・ω・`)「決まってる。エンソーするためだよ」

(;'A`)「危ないからやめろって! なぁ!」

(´・ω・`)「大丈夫。危なそうならすぐ戻るよ」

(;'A`)「……」

僕の決意を悟ってか、それ以上彼が引き止めることはなかった。
外に出れば、床は所々何かによって抉られていた。
しかし幸いにも僕のあれは無事だった。
よかった。僕の出来ることが残ってて。

ブーン。聞いてるかい?
昨日はエンソー出来なくて本当にごめんよ。
その代わり今日は昨日の分までやるからね。
いつも隣に君はいた。
飽きる事なく僕のエンソーを聞いてくれた。
だからかな、君がいないとうまく弾けないや。

('A`)「いい、音だよな」

気付けばドクオがいた。
ドクオだけじゃない。
他の仲間も皆、外に出て僕のエンソーを聞いていた。


358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/01(木) 02:40:59.31 ID:4pHZ+blKO
ブーンがいないが皆がいる。
誰も聞いてくれなくなるまでずっとやろう。ずっと……

「あっ、なんだろうあれ?」

「あっ……」

戦争はその後ようやく終わった。
だが、そこには戻る者はいなかった。

そこから更に数年を経て、やがてその土地は平和を願う人が必ず口に出す代表的な街となった。

そしてそこには、ピアノを演奏するペンギンと、それを聞くペンギンの影が、その象徴として今も残っている。


360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/01(木) 02:42:27.94 ID:4pHZ+blKO
以上で終わり

読み返せば設定書ききってなさすぎで吊りたくなる

ちなみにお題は
・朝日が眩しい
・戦場のペンギン しょぼん。 ?目指すはピアニスト?


364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/01(木) 02:47:02.91 ID:4pHZ+blKO
追記として、
(´・ω・`)('A`)( ^ω^)はペンギン
作中で描写はないに等しいが肉食動物や、逃げ出すと危険なゾウなどは、全て殺されており、ブーンの死因は流れ弾に被弾したことによる出血死
最後は皆原爆により死亡
影はその時の名残
スポンサーサイト
  1. 2009/01/01(木) 02:54:31|
  2. ブーン系小説(総合)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<川 ゚ -゚)素直家の年明けのようです | ホーム | 12月26日はシューの誕生日らしいよ        ようです>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatimituboy1061.blog66.fc2.com/tb.php/51-d9ecfe64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。