ハチミツ的な何か ?ブーン系小説短編まとめ?

ブーン系小説短編まとめサイトですお( ^ω^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

('A`)と矮小な世界のようです


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/31(水) 12:54:45.74 ID:aIP7QB22O
 
―――いつだって自分は弱者側にいた
 
弱いものは強いものに搾取され続ける
 
大人だろうが子供だろうが
 
そんなくだらないルールは誰しもが理解し黙認している
 
理由なんていらないよな? 
ただ 自分より何かが劣ってる
 
それだけでいいんだから 
この世界は弱者に対して恐ろしく冷たい
 
ガキの時点でそれに気づけた俺は
 
ある意味 幸せなのかもしれない
 

5 :浜崎 ◆jiTq7VWlew :2008/12/31(水) 12:55:56.60 ID:aIP7QB22O
 
子供が泣いている
 
泣く子供にガキが群がっていく
なぁ,そいつが何したってんだ。
 
‥そうだった。いじめに理由なんて必要ないんだったよな
 
「‥やめろよ」
 
まるで聞く耳をもたない。当然だろう
 
「もう,やめろよ」
 
‥弱者の声なんて誰も聞きやしない
 
「やめろよ」
 
そんな言葉を吐いても届かない
無駄,なんだよ
 
「やめろよ」
 
やめろよ ,もう無駄なんだよ。やめろよ
 

8 :浜崎 ◆jiTq7VWlew :2008/12/31(水) 12:57:14.69 ID:aIP7QB22O
 
やめろ,そんな言葉,吐くなよ
 
やめろよ。やめろよ。やめろよ。
 
('A`)「やめてくれよぉぉおぉ!!!」
 
 
 
────ベッドから落ちていたようだ
 
久しぶりにガキの頃の夢を見ちまった
                   
―('A`)と矮小な世界のようです―
 



9 :浜崎 ◆jiTq7VWlew :2008/12/31(水) 12:58:19.03 ID:aIP7QB22O
 
時計を見る。
 
いつもより早く起きたようだ。
 
だが すでに学校は始まっている時間
 
固い床で寝ていたせいか体の節々が痛い
 
二度寝をする気にもなれない
 
俺の名はドクオ
 
この狭いアパートに1人で住んでいる
 
母親と父親は居ない。
 
【家柄】のせいで昔から働き漬けだった2人は‥ 
無理がたたったんだろう 
仲良く一緒に逝っちまいやがった
 


10 :浜崎 ◆jiTq7VWlew :2008/12/31(水) 12:59:20.20 ID:aIP7QB22O
 
親父とお袋は生前お前だけは
 
 
「まともな学校に行かしてやる!」
 
 
なんて言ってたっけ
 
そんな風に俺を学校に行かしたがっていたけど
それを望む2人がいない今学校に行く気など起きない
 
むしろ学校に行くほどの余分な金がないというのが本音だ
                   


11 :浜崎 ◆jiTq7VWlew :2008/12/31(水) 13:00:28.92 ID:aIP7QB22O
 
家柄のおかげで職につく事も無理
 
人が1人で生きてくってのは大変だ
 
言葉にしてその意味の重さを今更ながら知る
 
ボロボロの布切れのような財布の中身をドクオは確認する
 
生きてく金は残り僅か
 
ハハッ まさに八方塞がりってやつだな
 
ドクオは自傷気味な笑いを抑えずにはいられなかった
 
感傷に浸っている場合じゃないな
 
昼メシでも‥作るとするか
 


12 :浜崎 ◆jiTq7VWlew :2008/12/31(水) 13:02:35.49 ID:aIP7QB22O
 
即席麺を棚から取り出す。
 
裏の品質表示を見る
賞味期限はとうに過ぎていた
 
('A`)「対したことじゃねぇな」
 
今の境遇に比べたら 些細な事だ
 
鍋にお湯を入れ 水を沸かし麺をいれしばし待つ
 
そういえばこの水公園から汲んできた水だったな 
貯水したの何ヶ月前だっけ
 
まぁいいさ
 
昨日も食べて腹を壊さなかったんだ
 
今日に限って壊すわけないだろ
 
できた即席のラーメンを一口啜ってみる
 
('A`)「くそまじいな‥」 
それでも 食わなきゃ死んでしまう
 
ああ‥めんどくせぇ
 


13 :浜崎 ◆jiTq7VWlew :2008/12/31(水) 13:03:29.10 ID:aIP7QB22O
 
生きているのに‥
死んでいるような生活
 
まるで
 
夏のアスファルトの暑さに足掻き蠢く蚯蚓
 
何も出来やしない
 
じわじわと 命を蝕まれいく蚯蚓
 
時間の問題
 
俺に相応しい喩えだな
                    


14 :浜崎 ◆jiTq7VWlew :2008/12/31(水) 13:04:34.75 ID:aIP7QB22O
 
('A`)「ふ‥,ははっははは,ははは」
 
 
────昔となんも変わっちゃいない
 
こんなんじゃ生きてたって仕方ないじゃないか‥‥!
 
俺はただ幸せになりたかった
 
俺はただ‥ 他の奴らみたいに‥
 
笑って 学校に行って
普通に暮らしたいだけなのに。
 
そんなちっぽけな事さえ俺には
 
叶えることもできないってのか‥‥
 
 
───なぁ,誰でもいいから、答えてくれ
 




15 :浜崎 ◆jiTq7VWlew :2008/12/31(水) 13:07:27.15 ID:aIP7QB22O
―――――僕が助けてあげようか?
 
('A`)「お,お前は?」
 
(´・ω・`)「どうなんだい?」
 
('A`)「本当に助かるのか!?」
 
(´・ω・`)「ただし条件がある」
 
ショボンはズボンを一気におろした。
 
('A`)「何をする気だ!!?」
 
(´・ω・`)「君をいただくのさ」
 
('A`)「や、やめてくれぇぇ!!」
 
(´^ω^`)「レッツ くそみそ☆」
 
(゚A゚)「アッーーー!!!1!!!」
 
ドクオは幸せに暮らしましたとさ
 
 H A P P Y END
スポンサーサイト
  1. 2008/12/31(水) 14:25:19|
  2. ブーン系小説(短編)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<( 年下^ω^好き)なようです | ホーム | 从 ゚∀从君のようです。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatimituboy1061.blog66.fc2.com/tb.php/45-fdc65b01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。