ハチミツ的な何か ?ブーン系小説短編まとめ?

ブーン系小説短編まとめサイトですお( ^ω^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

('A`)西の悪魔は笑っているようです



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/12(木) 20:20:05.10 ID:+pTf0d/w0

世界。
大切なことは多くはないけれど、守るべきものは確かにある。

雲は流れる。樹は生い茂り、光が降り注ぐ。
しかし大切なものは少ない。ひどく少ないんだ。

('A`)「僕には夢があった」

彼には夢があった。
雨が降り、埃が舞う。骨だけになった、哀しげな傘の残骸。

どうすればいい?

('A`)「死ぬわけにもいかないし、このままでいいとも思わない。そうだろう?」

視界にノイズが走る。顔が歪み、風景は不安定だ。
信じることができるか?

馬鹿だと思われるかもしれない。
でも真実なんだ。


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/12(木) 20:22:03.49 ID:+pTf0d/w0

湿った土の上を、蟻たちが歩く。自然なことだ。
葉の一枚も、虫の一匹も無駄にはしない。
死体に群がり、手足をもぎ取る。
人間の話だ。

('A`)「君だって」

なぜ暗い?明かりがないからだ。
夜道の街灯は、その存在感を一層強くし、私たちを暴きだす。
逃げきることなんかできやしない。

('A`)「母は死んだよ。知っていた?」

知らない。私たちが知っていることなど、実にちっぽけなんだ。
自覚するべきだ。そんなものは死んだことにならないと。
神はいない。悪魔はいる。

西の悪魔だ。



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/12(木) 20:23:46.87 ID:+pTf0d/w0

『ただ引き金を引くだけさ』

('A`)「本当に?」

『さあ・・・』

('A`)「・・・痛い」

『しっかりしろ』

('A`)「頭が痛い。僕にどうしろと?」

『死ねばいい』

彼は走った。目的地は決まっている。
生まれたときから。抗えない。

『思い違いをしている。なぜそれに気づかない。愚かで、惨めだ』

('A`)「黙れ」

『死ね』

('A`)「・・・僕なのか?」

『違うさ。思い違いをしている』


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/12(木) 20:26:26.09 ID:+pTf0d/w0

空へ。
彼はそう願った。破裂した命は、どこへ向かう?
私たちは追い続ける。世界じゅう。

西の悪魔が笑った。酷く引き攣った、大きな口。
私たちよりはマシに思えるさ。

('A`)「弾丸が」

('A`)「ない・・・探すわけにもいかない。僕は自由になるんだから」

『ハーブのせい?』

('A`)「違う」

窓の外に、何かがいる。私たちのほうを覗き込んでいた。
目は赤く、肌は黒かった。


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/12(木) 20:29:14.16 ID:+pTf0d/w0

('A`)「例え話をしようと思う。聞いてくれる?」

『ああ』

東に何があるというのだ。
愚かしく、細々とした人間たち。
骨と皮ばかりの、餓鬼共だ。
引き裂く価値もない。

そんな呟きが、どこかから聞こえてくる。
耳を貸す必要などないんだ。

('A`)「ここに・・・赤い箱があるとする。赤い箱だ。分かるだろう?」

『さあね』

('A`)「熟れたトマトより赤い。死んでしまうほどかもしれない」

彼らは私たちを嘲る。
信じることができるか?

いいや、できやしない。誰にも。
君にだって。


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/12(木) 20:31:54.53 ID:+pTf0d/w0

('A`)「何が入っている?そんなことは誰にも分からない。キミはそれを持って、縦に振るんだ。
横に振るんじゃない」

('A`)「何をしている?」

『なにも』

('A`)「音は聞こえない。キミは箱の中に、何が入っていると思う?」

『頭』

('A`)「なんだって?」

『頭さ。音が聞こえないのは、中が血液で満たされているから』

『それが染み出して、赤くなっているのさ。そろそろ・・・』

金属の、小さな筒。
それは光って、笑っていた。
声すら。


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/12(木) 20:39:55.98 ID:+pTf0d/w0

覚えがあるはずだ。
私たちは笑い、泣き、憂い、歓喜した。

錆びた自転車のシャフトにも、剥がれおちたペンキのひと塗りにも。
流れる雲の行き先にも、窓ガラスに映った夜の街にも。
誰もいない交差点、野良猫の居座る路地裏。

どこにだって、悪魔がいた。

そうさ。
理解している。
認めようとしない。

少年は包丁に憧れ、少女は言葉に涙する。

殺されるべきは、一握りだ。


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/12(木) 20:48:43.12 ID:+pTf0d/w0

「キミは泣くことがある?」

オレンジ色の空が落ちてこないように、彼らが支えているのだと。
音楽は何のために流れているのだろうと、なぜ誰も声を張り上げない?

「僕は泣く。キミのために」

必要だからだ。窓の向こう、山の麓。
声が聞こえる。

火薬を背負った子供。そのうつろな瞳は、何を見ている?
答えられる大人は、もうどこにもいやしない。

空へ向かう風船のように。
魂は私たちを見下しているのだろう。



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/12(木) 20:51:14.75 ID:+pTf0d/w0

焦げくさい。
彼女は確かにそう言った。

焦げくさい。

('A`)「父は・・・僕を呪っていた」

『そう?』

('A`)「お休み・・・」


一滴の雫。星の外からは、何も見えない。
地面を濡らした彼の悲しみなど、どこにも。

『知っていたよ』

手に握る鉄の塊は、何のために生まれてきた?
傷付けるためなのだろうか。それだけのために・・・

『お休み』


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/12(木) 20:57:18.39 ID:+pTf0d/w0

空は澄み渡り、どこまでも広がっている。
空気を震わす音が、届いただろうか。

どんな人間の死だろうと。
いつだって、悼むべきなのだ。

人殺しだろうと、盗人だろうと。
偽善者だろうと、科学者だろうと。

喜ばれる死を、両手を拡げて受け入れてしまうのか?
彼は死んだというのに。
少女は涙する。そうしなければならないんだ。
少年は刺す。憎しみを、恐怖を、悲しみを振り切って。

君だって。


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/12(木) 21:00:00.31 ID:+pTf0d/w0

彼には夢があった。
あったのだろう。

『・・・お休み』

窓の向こう。







西の悪魔は、笑っていた。


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/12(木) 21:01:12.27 ID:+pTf0d/w0

終わりです。フヒッ
スポンサーサイト
  1. 2009/02/15(日) 00:40:59|
  2. ブーン系小説(短編)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<('A`) 「女子高生の匂いの消しゴム下さい」 | ホーム | ξ゚?゚)ξ一心同体のようですξ(゚ー゚*ξ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatimituboy1061.blog66.fc2.com/tb.php/120-6a05cca5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。