ハチミツ的な何か ?ブーン系小説短編まとめ?

ブーン系小説短編まとめサイトですお( ^ω^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

( ^ω^)はバイトをするようです 【前編】


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 19:36:43.11 ID:3XtYG97bO

( ^ω^)「やっべぇ。金がないお」

( ^ω^)「しかも仕送りまだだし」

( ^ω^)「仕方ない…」

( ^ω^)「バイトすっか…」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 19:40:07.98 ID:3XtYG97bO

( ^ω^)「スーパーのレジか…まぁここでいいか」

( ^ω^)「面接するお」









( ^ω^)「受かったお」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 19:45:19.86 ID:3XtYG97bO

( ^ω^)「つーわけで今日からバイトだお。ドキがムネムネだお」

ζ(゚ー゚*ζ「あ、今日からバイトの人ですか?」

ζ(^ー^*ζ「私デレです。分かんないことがあったら聞いて下さいね?」

(*^ω^)「あ、ありがとうございますお!僕はブーンですお!(やっべぇ、可愛いお。2時間くらい香りを嗅ぎつけたいお)」

ζ(^ー^*ζ「ブーンさんか!よろしくね!」

(*^ω^)「ふひひ、よろしくお願いしますお」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 19:48:56.13 ID:3XtYG97bO

ξ゚?゚)ξ「…」

ξ゚?゚)ξ「あんた今日からバイトの人?」

(;^ω^)「は、はい…」

ξ゚?゚)ξ「使えなさそうなデブね。辞めるなら研修中に辞めてね。研修終わって辞められると迷惑だし」

ζ(゚ー゚#ζ「ちょっと!ツンさん!」

ξ゚?゚)ξ「本当の事だし。て言うかあんたもレジ打ち遅くて迷惑だから」

ξ゚?゚)ξ「と言うわけで辞めるならすぐ辞めてね」

(;^ω^)「は、はぁ…」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 19:55:08.45 ID:3XtYG97bO

ζ(゚ー゚;ζ「ご、ごめんなさい!」

ζ(゚ー゚*ζ「あの人、誰にでもあぁなんです。」

ζ(゚ー゚*ζ「でも支配人の親友の娘だから強く言えなくて…」

ζ(゚ー゚*ζ「とにかく!気にしないで下さい!」

( ^ω^)「別に気にしてないですお!」

ζ(゚ー゚*ζ「そうですか?よかった…」

ζ(゚ー゚*ζ「じゃあ事務室でバイトのみんなに挨拶しましょ?」

( ^ω^)「はいですお!(デレさんの汗を舐めて嘘か本当か味を見極めたいお)」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 19:58:13.01 ID:3XtYG97bO

( ^ω^)「はい、そんなこんなで挨拶終わりました」

( ^ω^)「みんないい人でした」

( ^ω^)「これからヒップでホップな僕のバイト生活が始まります…」


―――――
―――



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 20:03:38.14 ID:3XtYG97bO

ζ(゚ー゚*ζ「じゃあブーンさん!しばらく私がレジ打ちを教えますね!」

( ^ω^)「お願いしますお!」

ζ(゚ー゚*ζ「うん…そうそう!そうやってバーコードを通して下さい」

ζ(゚ー゚*ζ「って、あれ?もしかしてレジ打ち経験あります?」

( ^ω^)「実は前に経験があるんですお!」

ζ(゚ー゚*ζ「そうなんですか!じゃああんまり心配いりませんね」

ζ(^ー^*ζ「私サボっちゃおうかな?」

( ^ω^)「ふひひwwwそりゃ駄目ですおwww」

ζ(^ー^*ζ「だよねw」

ξ゚?゚)ξ「…」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 20:09:43.89 ID:3XtYG97bO

ξ゚?゚)ξ「…真面目にやってくれない?」

ζ(゚ー゚*ζ「へ?」

( ^ω^)「え?」

ξ゚?゚)ξ「あんたらマジでちゃんとしてよ。マジで迷惑」

ξ゚?゚)ξ「マジでデレは男を誘惑しすぎ。あんたはリリム?リリムキッス?」

ξ゚?゚)ξ「つーかさ、あんたらのふざけ具合はキユ並みね。ほんと」

ξ゚?゚)ξ「これをレジ打ちした俺ロックだし(笑)」

ξ゚?゚)ξ「とか思ってんの?」

(;^ω^)「す、すいませんでしたお。バイト初日にロケットで突き抜けすぎましたお…」

ζ(゚ー゚*ζ「ごめんなさい…」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 20:12:40.74 ID:3XtYG97bO

ξ゚?゚)ξ「はぁ…まぁいいわ。初日だし」

ξ゚?゚)ξ「ほんと、私には迷惑かけないでね」

(;^ω^)「はは…気をつけますお…」

ζ(゚、゚*ζ「…」

ξ゚?゚)ξ「デレもさ、誘惑するのやめたら?だから彼氏居ないのよ」

ζ(゚、゚*ζ「…」

ξ゚?゚)ξ「はぁ…」

(;^ω^)「あ、いや、僕が悪かったんですお!すいませんでしたお!」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 20:17:35.20 ID:3XtYG97bO

ξ゚?゚)ξ「…ま、気をつけてよね……」

―――――
―――




( ^ω^)「ふぅ…バイト終わったお……」

('A`)「あ、内藤君!よかったら飯を食いに行かない?」

川 ゚ -゚)「あ、じゃあ私もいいか?」

ζ(゚ー゚*ζ「それじゃ私も!」

( ^ω^)「あ、じゃあご飯に連れて行って下さいお!」

(;^ω^)「あ、えーと…」

('A`)「あぁごめんな。俺はドクオ」

川 ゚ -゚)「私はクーだ。よろしく」






ξ゚?゚)ξ「…私はツン」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 20:21:34.59 ID:3XtYG97bO

( ^ω^)「ドクオさんにクーさんですね?」

ξ゚?゚)ξ「…ツン」

(;^ω^)「あぁ…ツンさんですかお…」

ξ゚?゚)ξ「改めて名乗らせて頂こう…JPツンだ…」

(;^ω^)「あはは…銀の戦車が出てきそうな名前ですおね…」

ξ゚?゚)ξ「分かるの?なかなかね…」

(;^ω^)「あ、あはは…」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 20:28:47.60 ID:3XtYG97bO

('∀`;)「あ、つ、ツンさんも来る?」

ξ゚?゚)ξ「笑顔が汚い。そんなんじゃ食品も腐るわよ?」

川;゚ -゚)「べ、別に忙しいなら無理してこなくてまたの機会でも大丈夫だぞ?」

ξ゚?゚)ξ「場の空気を読まなければならない。周囲を楽しませなければならない」

ξ゚?゚)ξ「これが私の辛いところね。行くわ」

川;゚ -゚)「あはは…そうか…ドクオさんが車で来てるから五人でちょうどいいな…」

('A`)「う、うん。行こうか…」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 20:35:43.42 ID:3XtYG97bO

―車内―

('A`)「じゃ女の子3人で後ろに乗ってね?」

川 ゚ -゚)「はい」ζ(゚ー゚*ζ

('A`)「じゃあブーン君は僕の助手席で頼むよ。むさい男が隣でごめんね」

( ^ω^)「いえいえ!乗せて貰うだけでありがたいですお!」

ξ゚?゚)ξ「燃費、ハンドリング、ブレーキ、座り心地、小物はE」

ξ゚?゚)ξ「臭さはSね…」

('A`;)「ははは…ごめんね…」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 20:39:40.17 ID:3XtYG97bO

―ファミレス―

( ^ω^)「あっと言う間につきました!」

('A`)「メニューどうする?俺は雑炊で」

川 ゚ -゚)「パスタを」

ζ(゚ー゚*ζ「パフェかなぁ」

( ^ω^)「ハンバーグ定食を」

ξ゚?゚)ξ「だからデブなのよ」

(;^ω^)「ははは…」

ξ゚?゚)ξ「…私はトニオさんのオススメね」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 20:45:03.29 ID:3XtYG97bO

('A`;)「ツンさん…それはないから別のを…」

ξ゚?゚)ξ「は?スタンド使いとスタンド使いは引かれあうのよ?だから不可能はないわ」

川;゚ -゚)「…」

ξ゚?゚)ξ「はぁ…マジでチョベリバ。じゃあ空気の読める私はドリアに変えるわ…」

(;^ω^)「ごくり…」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 20:52:28.59 ID:3XtYG97bO

(;^ω^)「あ、ツンさん飲み物がなくなってますお。ついで来ますお」

ξ゚?゚)ξ「え?じゃあコーラをお願い」

ξ゚?゚)ξ(飲み物をついでくる?つまり私のことが好き?)

ξ///)ξ(そ、そんな!ブーンは入って初日なのに私に大好王なのね!)

ξ///)ξ(もうやだ!ブーンの初恋限定いただいちゃった!)

(;^ω^)「つ、ついで来ましたお…」

ξ゚?゚)ξ「ありがと」

ξ///)ξ(やだ…好感度をあげて私に魔城ガッデムするつもりだわ!)

ξ///)ξ(…少しはcoolになりなさいよブーン!)


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 21:03:22.46 ID:3XtYG97bO

ξ///)ξ(…)

('A`;)「そ、そう言えば俺みんなの年齢知らないんだよね?何歳だっけ?俺は21歳の大学3年なんだけど…」

ζ(゚ー゚*ζ「19の大学2年生です」

川 ゚ -゚)「21の大学3年だ」

( ^ω^)「19で専門1年ですお」


ξ゚?゚)ξ「27。イラスト専門学校に行ってる」


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 21:05:25.51 ID:3XtYG97bO

('A`;)「あ、ツンさん年上だったんですね…」

ξ゚?゚)ξ「…」

川;゚ -゚)「あ、そろそろ帰ろっか…」

('A`)「あァ…そうだな…」


―――――
―――



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 21:16:01.62 ID:3XtYG97bO

―ブーン。バイトに入って1ヶ月―

(;^ω^)「あうあう…暑いお…夏真っ盛りだお…」

ζ(゚ー゚;ζ「そうだね…8月だもんね…」

ξ゚?゚)ξ「臭い。よるなデブ…」

ζ(゚ー゚*ζ「え?ブーン君は制汗剤の香りしかしないですよ?」

ξ゚?゚)ξ「じゃあ存在が臭い。ゲロ以下の臭いがプンプンするわ」

(;^ω^)「す、すいません…」

ζ(゚ー゚*ζ「そ、そんなことないよ?気にしちゃ駄目だよ」




ξ///)ξ(バーカ!いい香りよブーン!はじけるレモンの香りなんだから!)

ξ///)ξ(いつか私とダブルアーツしてよね!)


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 21:22:07.48 ID:3XtYG97bO

―バイト後―

('A`)「ブーン君!デレちゃん!花火しようぜ!奢るからさ!」

( ^ω^)「あ!ドクさん!奢ってもらっていいんですかお?」

('A`)「ははは!たまには先輩らしくしないとな!」

( ^ω^)「ふひひwwじゃあご一緒します!」

ζ(゚ー゚*ζ「ありがとうございます!」





ξ゚?゚)ξ「仕方ないわね…」


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 21:25:21.62 ID:3XtYG97bO

('A`;)「え?あはは…じゃあ駐車場でしましょうか…」

ξ゚?゚)ξ「めんどくさ…」

ζ(゚ー゚*ζ「あはははは…」

(;^ω^)「じゃあしましょっか…?」


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 21:30:52.16 ID:3XtYG97bO

川 ゚ -゚)「ドクオ、遅いぞ!準備は出来て…」

川;゚ -゚)「あ、ツンさん…」

('A`;)「すまん」ボソッ

川 ゚ -゚)「ゆるさん」ボソッ

(;^ω^)「あ、じゃあ早速何かしていいですかお?」

('A`;)「お、初っ端はブーン君か!ささ、どんどんしてくれ!」

ξ゚?゚)ξ(何?こいつホモなん?ゲイなん?)

ξ゚?゚)ξ(ブーン×ドクオなん?ドクオ×ブーンなん?)

ξ///)ξ(やだ!私ったらdynamicDonDonやらしいもうそうしちゃった)


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 21:39:52.31 ID:3XtYG97bO

('A`)「そういやブーン君は好きな人は居ないの?」

ξ゚?゚)ξ「っ!」ζ(゚ー゚*ζ

( ^ω^)「あ、いやー今のとこはいませんお」

('A`)「ははは!そうかそうか!じゃあタイプはどんなのかな?」

( ^ω^)「年上ですかお…?髪は巻き髪に弱いですおwww」

川 ゚ー゚)「じゃあ私は除外だなw」

( ^ω^)「いやいやご冗談をwww」





ξ゚?゚)ξ(遠まわしに私をご指名?)

ξ///)ξ(やらしい…諸星あたるくらいやらしいわ…)


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 21:50:30.23 ID:3XtYG97bO

ζ(゚、゚*ζ(ブーン君好きな人いないのかぁ…)

( ^ω^)「ささ、こんなくだらない事聞かないで花火しましょうよ」

ξ///)ξ(やらしいわよブーン!みくにりょうより直接的よ!)

川 ゚ -゚)「そうだな!始めるか!くらえ!」

('A`)「うぉ!あぶね!ロケット花火こっちにむけんなよ!」

川 ゚ー゚)「熱々な表現だろ?ふふふ」

('A`)「いや、危ないから!」



ξ///)ξ(熱々な表現…?使えるわ!…でも気弱な私に出来るかしら?)

ξ///)ξ(いえ、いけるわ!私は花火師よ!花菱烈火よ!)


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 21:56:10.28 ID:3XtYG97bO

ξ゚?゚)ξ「くらえ!ブーン!夢の舞台に駆け上がれ!」

( ^ω^)「は?」

ヒュンッ!

(;^ω^)「うわ!あぶね!何するんですお?」

ξ゚?゚)ξ「うるさい!くらえ!崩!」

( ^ω^)「ちょっ!ほんとにやめてくださいお!やめろ!やめろ!」

ξ゚?゚)ξ「年上にタメ口禁止!くらえ!」

ジュッ…

( ゜ω゜)「…」

ζ(゚ー゚;ζ「ブーン君っ!」


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 21:59:58.47 ID:3XtYG97bO

( ^ω^)「いや、大丈夫ですお…ただ…」

ζ(゚ー゚*ζ「どうしたの?」

( ^ω^)「このポロシャツはバーバリーのなんだお…」

( ^ω^)「安くなかったのに…」

ζ(゚ー゚*ζ「うん…でも体に何もなくてよかったよ…」

ξ゚?゚)ξ「別に服くらいいいじゃない…ほら、続きするわよ」

('A`#)「ツンさん!いい加減に…」

( ^ω^)「いや、これは僕がKYでしたお。続きしますお!」


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 22:02:15.81 ID:3XtYG97bO

川;゚ -゚)「ま、まぁブーン君がそういうならいいじゃないか」

( ^ω^)「そうですお!やりますお!」

ζ(゚ー゚*ζ「そうだね…」

ξ゚?゚)ξ「ほら、するわよ」





―――――
―――



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 22:10:45.53 ID:3XtYG97bO

('A`)「そろそろお開きかな?じゃあ片付けなきゃね」

( ^ω^)「あ、僕が片付けますお」

('A`)「いやいや、これはいいからもう遅いしデレちゃん送りなよ」

( ^ω^)「でも…ドクさんばっかりじゃ悪いお…」

('A`)「先輩の命令は聞きなよ!ほら、いいからいいから!」

( ^ω^)「じゃあお先に失礼しますお…」

('A`)「デレちゃん!」

ζ(゚ー゚*ζ「はい?」

d('∀`)

ζ(゚ー゚*ζ(あ…そう言う意味か…)

dζ(^ー^*ζ(ありがとう先輩!)





ξ゚?゚)ξ「じゃあ私も一緒に帰るわ」


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 22:15:12.14 ID:3XtYG97bO

('A`)「ソンナ…デレチャンゴメンネ…」

川;゚ -゚)「ドンマイ」


ξ゚?゚)ξ「ほら…帰りましょ…」

ζ(゚、゚*ζ「はい…」

( ^ω^)「ははは…いきましょうか…」


86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 22:23:07.65 ID:3XtYG97bO

―帰り道―

ζ(゚ー゚*ζ「そう言えばブーン君はどんな専門学校に行ってるの?」

( ^ω^)「公務員の専門学校ですお!将来は町作りに奮闘したいですお!」

( ^ω^)「デレさんは大学で何を学んでるんですかお?」

ζ(゚ー゚*ζ「私は文系だからな…とりあえず大学に入ったみたいなものだし…」

ζ(^ー^*ζ「でも私も公務員講座を受けて公務員を目指してるんだ!」

( ^ω^)「一緒になれるといいですおね!」

(;^ω^)「あ、ツンさんは来年就職ですか?」

ξ゚?゚)ξ「いや、まだ一年だから…」

( ^ω^)「あ、すいませんでした」

( ^ω^)「失礼ですけど専門学校に行く前は何を?」

ξ゚?゚)ξ「ずっと一年だから」


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 22:26:09.02 ID:3XtYG97bO

ξ゚?゚)ξ「今の専門学校に行ってかれこれ9年くらいになるわね」

(;^ω^)「あ、そうですか…」

ξ゚?゚)ξ「それだけ絵に本気ってことよ」

ζ(゚ー゚;ζ「あはは…」

ξ゚?゚)ξ「まぁわざと留年してるのもあるわね」

(;^ω^)「あはは…」


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 22:35:05.62 ID:3XtYG97bO

( ^ω^)「あ、僕のアパートここなんで先に失礼しますお」

ζ(゚ー゚*ζ「うん!お疲れさま!」

ξ゚?゚)ξ「上がっていい?」

(;^ω^)「あ、いや、夜中だしそれはちょっと…」

ξ゚?゚)ξ「せっかく遊びに行こうと思ったのに…」

(;^ω^)「またの機会に遊びに来て下さい…」

ξ゚?゚)ξ「ふぅ…」

( ^ω^)「あ!デレさんもいつか来て下さいお!」

ζ(^ー^*ζ「え?いいの?じゃあ行くね!」



ξ゚?゚)ξ(あ、デレが居るから気を使ってるのね…)

ξ///)ξ(ブーンったら紳士ね!富井副部長も見習ってほしいわ!)


96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 22:37:24.42 ID:3XtYG97bO

ζ(゚ー゚*ζ「…」

ξ゚?゚)ξ「…」

ζ(゚ー゚*ζ「あ、じゃあ私はここで失礼します」

ξ゚?゚)ξ「…あのさ」

ζ(゚ー゚*ζ「はい?」

ξ゚?゚)ξ「空気…」

ξ#^?^)ξ「呼んでね?」

ζ(゚ー゚*ζ「…」

ζ(゚、゚*ζ「もしかしたら私が空気読めてないのかな…?」


―――――
―――



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 22:44:58.02 ID:3XtYG97bO

―9月 ブーンが入って3ヶ月―

( ^ω^)「お疲れさまでしたー」

('A`)「あ、ブーン君!今日は俺の家で飲もうぜ!」

( ^ω^)「ドクさんの家ですかお?お邪魔しますお!」

('A`)「ははは、あ!デレちゃん!」

ζ(゚ー゚*ζ「はい?」

('A`)「デレちゃんもおいでよ」

ζ(^ー^*ζ「あ、はい!」






ξ゚?゚)ξ「明日は早いから」


108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 22:50:58.88 ID:3XtYG97bO

(・A・)「…」

('A`)「ハッ」

('A`)「あ!じゃあ行こっか?お酒とかは用意してるから!」

( ^ω^)「はいですお…」


('A`)「…デレちゃん」

ζ(゚ー゚*ζ「はい?」

('A`)「ごめんよ…」

ζ(^ー^*ζ「気にしないでくださいよ!そんなに気を使わないでください…」

(;A;)「ごめんよ…ごめんよ…」


113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 22:56:57.32 ID:3XtYG97bO

('A`)「ここが我が家です…」

( ^ω^)「え?マンション?オートロック?」

ζ(゚ー゚*ζ「1LDK?しかも築3年?」

( ^ω^)「え?ドクさんは実家が金持ちなんですかお?」

('A`)「いや…実家は普通だよ…株とかを転がしただけ…」

('A`)「今は社債なんかを買って利息で儲けてるだけかな?」

ξ゚?゚)ξ「ドクオさん…」

('A`)「はい?なんですか?」

ξ゚ー゚)ξ「困ったことがあったらいつでも言ってね?」

('∀`;)「あはは…」

ξ゚?゚)ξ(うわ…きめぇ…)


120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 23:12:35.29 ID:3XtYG97bO

('A`)「じゃあクー呼ぶから待ってね」

ピンポーン

('A`)「あ、来ちゃったね。」

川 ゚ -゚)「おいすー^^。あ…」

ξ゚?゚)ξ「遅いわよ」

川 ゚ -゚)「す、すいません…」

('A`)「は、始めようか…乾杯!」


123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 23:16:33.61 ID:3XtYG97bO

川 ゚ -゚)「そう言えばブーン君は学校に気になる人は居ないのか?」

( ^ω^)「んーいませんお…」

川 ゚ -゚)「好きな人も?」

( ^ω^)「いませんお」

川 ゚ -゚)「そうか…」

川 ゚ -゚)「デレ」

ζ(゚ー゚*ζ「はい?」

川 ゚ー゚)b(頑張れ!)

dζ(^ー^*ζ(はい!)



ξ゚?゚)ξ「さきイカうめぇ」


130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 23:21:53.77 ID:3XtYG97bO

('A`)「そういやタイプはやっぱり前言った通りなの?」

( ^ω^)「変わらないおね…」

( ^ω^)「なんかみんな僕に聞き過ぎですお!」

( ^ω^)「ドクさんはどうなんですお?」

('A`)「あ、俺は」

川 ゚ -゚)「ブーン君」

( ^ω^)「はい?」

川 ゚ -゚)「私は1人で普通にコイツの家に来た。つまりそういうことだ」



ξ゚?゚)ξ「やべ、生理来そう」


132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 23:24:51.48 ID:3XtYG97bO

ζ(゚ー゚*ζ「え?いつの間に?」

('A`)「結構前に…」

川 ゚ -゚)「金が目当てで付き合いましたwwww」

('A`)「うわぁ…ま、まぁいいじゃないか!」

('A`)「デレちゃんはどんな人がタイプなの?」

ζ(゚ー゚*ζ「あ、年下の方がいいかな…」

ζ(///*ζ「身近で優しい人とかいいですよね…」


135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 23:28:36.47 ID:3XtYG97bO

( ^ω^)「そうなんですかお!良い人見つかるといいですおね!」

ζ(゚、゚*ζ「あ…うん…」

(;'A`)「い、いや飲もうか、ほらほら!飲んで!」

川 ゚ -゚)「まだまだいろいろあるし…いや、ない…あれ?」




ξ゚p゚)ξ「あ?いい感じに酔いがきたわぁ?」

('A`)「うわぁ…」


140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 23:36:55.92 ID:3XtYG97bO

('A`)「お開きにしよっか…」

川 ゚ -゚)「うん…帰るわ…」

('A`)「送るよ…」

ζ(゚ー゚*ζ「私もおいとましますね…」

('A`)「あ、デレちゃんはブーン君送ってあげてね!ツンさんは俺とクーで送るから」

( ^ω^)「あ!はい!」







ξ゚p゚)ξ「あ、私はブーン君がおくりゅからいいれす」


144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 23:43:12.41 ID:3XtYG97bO

('A`)「…」

川 ゚ -゚)「…ちくしょう」


―――――
―――



ξ゚p゚)ξ「あ、出る…」

ビチャ…ペチョ…

ξ゚p゚)ξ「すっきりしたわ。二次会はブーンの家ね」

ζ(゚ー゚;ζ「へ?」

( ^ω^)「あうあう…」

ζ(゚ー゚*ζ「ツンさん。やめましょ、ね?」

ξ゚p゚)ξ「うるさかばい!あんたなたいなうっさか!」

ξ゚p゚)ξ「そーなうざかばい。あんたは1人でかえりんしゃい」

ξ^p^)ξ「私はブーンの家にいくげな」

(;^ω^)「…デレさんが来るならいいですお…」


148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 23:47:18.26 ID:3XtYG97bO

ζ(゚ー゚*ζ「え?」

ζ(゚ー゚*ζ(行きたいけど…迷惑だしなぁ…)

ξ゚p゚)ξ「ぬしゃ空気ば読まんね!」

ζ(゚ー゚*ζ「え、あ、はい…行きます…」

(;^ω^)「じゃ、じゃあいきましょうか…」


152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/10(火) 23:54:19.12 ID:3XtYG97bO

―ブーン宅―

ζ(゚ー゚*ζ「お邪魔します」

ξ゚p゚)ξ「あがるばいた!」

( ^ω^)「むさ苦しいとこですが」

ξ゚p゚)ξ「じゃあおりゃ寝るけんな。ベッドをかしぃ」

ξ///)ξ(デレが帰る→ブーン眠くなる→ベッド来る→セクロス)

ξ///)ξ(どうしよ…生理近いしムラムラしちゃうよぉ…頭の中が沸騰しちゃうよぉ!)

( ^ω^)「うわぁ…」

ζ(゚ー゚*ζ「うわぁ…」


154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/11(水) 00:00:03.04 ID:VS+GhGGTO

ζ(゚ー゚*ζ「…私居た方がいいよね?」

( ^ω^)「正直居てくれるとものすごく助かりますお」

ζ(゚ー゚*ζ「じゃあ今日は泊まらせて貰うね」

( ^ω^)「助かりますお…じゃあ布団用意しますお」

ζ(゚ー゚*ζ「…」

ζ(゚ー゚*ζ「あ…DVDだ…」


159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/11(水) 00:05:50.27 ID:VS+GhGGTO

ζ(゚ー゚*ζ「ま、まさかエッチなのじゃない?」

ζ(゚ー゚*ζ「アナル中出し2008…?二穴ファック…?」

ζ(゚ー゚*ζ「え?お尻?え?」

ζ(///*ζ「…見なかったことにしよう」

( ^ω^)「布団お待たせしましたお!…どうしましたお?」

ζ(///*ζ「なんでもないよ!寝よ!」

( ^ω^)「…?おやすみなさい…」






ξ-?-)ξ「ナス色のお姫様が蟾蜍とおどってるわ…ムニャムニャ」


164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/11(水) 00:09:45.57 ID:VS+GhGGTO

―朝―

ξ゚?゚)ξ「朝…?ブーンは夜這いしなかったわね…」

( -ω-)

ζ(-、-*ζ

ξ゚?゚)ξ「こいつ何?まじ空気読めよ?」

ξ゚?゚)ξ「レベルEのバカ王子のがまだ空気読むし」


170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/11(水) 00:13:46.36 ID:VS+GhGGTO

ξ゚?゚)ξ「起きなさいよ。帰るわよ」

ζ(-ー-*ζ「ん?どうしましたぁ?」

ξ゚?゚)ξ「そういうのいいから!ホントにいいから!」

ξ゚?゚)ξ「あんたさ!これが桂作品ならセックスものだから!」

ζ(゚ー゚*ζ「あ…はぁ…」

ξ゚?゚)ξ「もういいわ!帰りましょ…」

ζ(゚ー゚*ζ「あ、はい…。ブーン君、帰るね」

( ^ω^)「…お?もう帰りますかお?お気をつけて…」


171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/11(水) 00:16:06.70 ID:VS+GhGGTO

ζ(゚ー゚*ζ「片付け出来なくてごめんね!」

( ^ω^)「気にしなくていいですお!とにかく気をつけて!」

ζ(^ー^*ζ「じゃあまたシフトが同じ時にね!」

ξ゚?゚)ξ「じゃあ…」

( ^ω^)「あ、はい、じゃあ」


175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/11(水) 00:19:34.40 ID:VS+GhGGTO

ξ゚?゚)ξ「デレさ」

ζ(゚ー゚*ζ「はい?」

ξ゚?゚)ξ「怒るよ?」

ζ(゚ー゚*ζ「え?」

ξ゚?゚)ξ「私が後7歳若かったら殴ってたかもね」

ζ(゚ー゚*ζ「え?あ、はい、すいません?」

ξ゚?゚)ξ「まぁあんたと私の中だしいいわよ…」

ξ^?^)ξ「許したげる」

ξ゚?゚)ξ(ほんと、優しくなったもんだわ。ピッコロさん以上に優しくなったわ)


180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/11(水) 00:23:48.42 ID:VS+GhGGTO

(^ω^)「なぁ、画面の前のお友達」

(^ω^)「僕がデレタソと始めて会ったときなんと想像したか覚えてるか?」

(^ω^)「で、ここにデレタソ使用済みの布団がある」

(^ω^)「画面の前のお友達ならどうする?」

(^ω^)「つまり、そういうこと」

(^ω^)「抜く前に1つ言っておく」

(^ω^)「俺はかーなーりー強い(性的な意味で)」


―――――
―――


183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/11(水) 00:26:00.40 ID:VS+GhGGTO

( ^ω^)「ふぅ…さて、とベッドを掃除するか」

(;^ω^)「うわ…ゲロくせぇ…」

(;^ω^)「しかも枕にマスカラべっちょり」

( ^ω^)「天に召されればいいのに」



―――――
―――
スポンサーサイト
  1. 2009/02/12(木) 04:46:10|
  2. ブーン系小説(短編)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<( ^ω^)はバイトをするようです 【後編】 | ホーム | 川д川貞子は大学生を満喫するようです 【後編】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatimituboy1061.blog66.fc2.com/tb.php/112-685cdb07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。