ハチミツ的な何か ?ブーン系小説短編まとめ?

ブーン系小説短編まとめサイトですお( ^ω^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドクオはバスケで過去を乗り越えるようです


3 名前:名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 00:32:45.22 ID:NpfX/YobO

('A`)「だからやんねぇって言ってんだろ?」

公園のベンチに二人の男

一方は熱心に、もう一方は心ここにあらずといった様子で何やら言い合っている

( ^ω^)「そんなこと言わずにドクオもバスケ部に入るお!」

( ^ω^)「本当はドクオだってバスケしたいはずだお!」

('A`)「確かにしたくない訳じゃないけどな」

('A`)「……お前は良いよな、怪我してなくて」

(; ^ω^)「ご、ごめん」

( ^ω^)「でも部員も今は五人しかいないんだお!」

( ^ω^)「今日も昼から練習試合があって」

('A`)「……悪いけど他あたってくんねぇかな」

ドクオが腰を上げ公園を後にする

そんな彼にブーン大きな声を投げ掛けた

(; ^ω^)「ドクオ!いつでも待ってるお!」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 00:34:06.36 ID:NpfX/YobO

('A`)(俺だってやりてぇけどさ……)

ドクオが高校でバスケ部に入らなかったのには一つの理由があった

中学時代でのバスケの試合中、彼は不幸な接触事故に巻き込まれた

その事故が原因で彼は長時間の運動をすると

利き手である右手首が回らなくなってしまったのだ

('A`)「練習試合か……」

('A`)「見に行くだけなら良いかな」
―――――
――――
―――


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 00:35:37.70 ID:NpfX/YobO

ドクオが高校へたどり着くと既にVIP高校対ラウンジ高校の試合が始まっていた
(VIP高チーム(白)、ブーン・ショボン・ジョルジュ・ギコ・モナー、マネージャーツン
ラウンジ高チーム(赤)、兄者・弟者・フサギコ・シャキン・モララー)

(; ^ω^)「お!?」

( ´_ゝ`)「遅い」

ブーンを抜きシュートを放つ兄者のボールがリングへと吸い込まれる

(´<_` )「流石だな兄者」

( ´_ゝ`)「まぁな」

('A`)(6-20、開始五分でボロ負けだな)

( ^ω^)「まだまだ挽回できるお!」

(´・ω・`)「ブーン、ボール回して……あっ!」

('A`)「パスミスだ」

('A`)「……てかなんでブーンがボール運んでるんだ?アイツ中学じゃフォワードだったろ」

ミ,,゚Д゚彡「よっしゃ、シュー……っ!?」

(,,゚Д゚)「させねぇぞゴルァ!!」

ギコがボールを叩こうとするも勢い余って体を相手とぶつけてしまう


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 00:38:08.20 ID:NpfX/YobO

審判「ファウル白八番、赤十番2スロー」

(,,゚Д゚)「ファールなんて関係ねぇぞゴルァ!」

審判「……」

( ・∀・)「こんな序盤にファウル四つ貰ってまで止めて何の意味があるんだよw」

(#゚Д゚)「んだとやんのかゴルァ!」

(; ^ω^)「や、やめ……」

審判「テクニカルファウル白八番!」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 00:39:52.22 ID:NpfX/YobO

(;'A`)「うわっ五つ目か、1クォーター目で退場なんて初めて見たわ」

('A`)「あれ?そういやバスケ部五人しかいないって言ってなかったっけか」

(;^ω^ )……

('A`)……

m9(;^ω^ )

('A`)(……おまえ)

q(;^ω^ )

('A`)(おりてこい……)

(#'A`)「ってふざけんなよ」

( ^ω^)「あ、交代お願いしますお」

(;'A`)「コールしちゃってるし」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 00:41:41.06 ID:NpfX/YobO

ξ;゚?゚)ξ「ドクオ!?アンタ確かバスケ辞めたんじゃ」

('A`)「俺もそのつもりだったんだけどな」

( ^ω^)「ユニフォームはこれでバッシュはこれ、良かったらこのサポーターも使うお」

(;'A`)「何で用意してんだよ」

( ^ω^)「いつドクオが来ても良いように準備してたんだお」

(;'A`)「さいですか……」

審判「早くして」

('A`)「は、はい」

ギコoutドクオin

(`・ω・´)「新しいのが出てきたね」

( ´_ゝ`)「何が来ても関係ない」

(´<_` )「その通りだな」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 00:43:25.33 ID:NpfX/YobO

(´・ω・`)「よろしく ブーンから話は聞いてたよ」

( ´∀`)「よろしくモナ」

('A`)「よろしく」
  _
( ゚∀゚)「ドクオはSGだったな よし、ポジション変更するぞ」

(´・ω・`)「ドクオがSGでブーンがSFだね」
  _
( ゚∀゚)「そう、ブーンが一つずれるんだ」
  _
( ゚∀゚)「ついでに言えばショボンG 俺がPFでCはモナーだな」

('A`)「把握」

審判「もう良いか?十番2スロー」

十番のフサギコは一投目を外したが、修正された二投目はリングへとおさまった


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 00:45:17.26 ID:NpfX/YobO

(´・ω・`)「さぁ攻撃だ」

ショボンとドクオでボールを運んでいく

敵陣までボールを運んだショボンは左45度の位置にいるドクオへボールを渡す

それは相手のマークが甘かったためであったのだが

それとは別にドクオのプレイスタイルを知っておきたかったからという意味もあった

(´・ω・`)(ブーンの言っていたことが本当か誇張か、見せてもらうよ)

(´<_` )「よう」

('A`)「俺のマーク?」

(´<_` )「そうなるな……!?」

ドクオの手からボールが離れる

それは高い弧を描き――

('A`)「ダメだよ、そんなに離れてちゃ」

リングへと吸い込まれた


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 00:47:12.02 ID:NpfX/YobO

( ^ω^)「高い弾道、速いモーション!VIP中元エース健在だお!」

(´<_` ;)「三点シュートか」

( ´_ゝ`)「控えだからといって油断するな馬鹿タレ」

(´<_` )「わかってる」

ディフェンスのために戻るドクオ

彼には一つの危惧があった

('A`)(俺の右手はどれくらいもつんだろうか)

( ´∀`)「オフェンスはディフェンスからモナ」

( ^ω^)「四番オッケーだお!」

( ´_ゝ`)「誰がオッケーだって?」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 00:49:14.68 ID:NpfX/YobO

('A`)「ブーン!スクリーン行ってるぞ!」

(; ^ω^)「お!?」

兄者がドリブルでブーンを抜こうとする

もちろんブーンも兄者についていこうとするが

死角にいた弟者が壁となって兄者を追うことが出来なかった

(; ^ω^)「スイッチ!」

その声を聞くとドクオは兄者の前に立ちはだかった

( ´_ゝ`)「チッ」

弟者へのパスを考え動きが止まった兄者をドクオは見逃さなかった

(; ´_ゝ`)「なぬ!」

奪ったボールを素早く相手コートまで運びレイアップ

この流れは悪いと感じ取った兄者はタイムアウトの申請をする

審判「タイムアウト!」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 00:52:17.40 ID:NpfX/YobO

( ^ω^)「ただいまだお」
  _
(; ゚∀゚)(; ´∀`)(;´・ω・`)ξ;゚?゚)ξ「「……」」

('A`)「皆どうしたんよ?」

ξ;゚?゚)ξ「アンタのプレイが予想以上だから驚いてんのよ」

( ^ω^)「VIP中元エースをなめないでほしいお」

  _
( ゚∀゚)「でもこんなに良い選手がいたのにVIP中学ってほぼ無名だったよな」

(; ^ω^)「あっ……」

('A`)「まぁいろいろあったんだよ」

ξ゚?゚)ξ「とにかく!」

ξ゚?゚)ξ「相手がタイムアウト取ったってことは何か作戦を立ててくるはずよ」

( ´∀`)「気を引き締めるモナ」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 00:54:02.83 ID:NpfX/YobO

(´<_` )「前半終了間際にタイムアウトとな」

(`・ω・´)「何か作戦があるのかい?」

( ´_ゝ`)「無い」

(´<_` #)「いい加減ノリでタイムアウト取るのやめろよ」

( ・∀・)「……僕が補欠君につくよ」

ミ,,゚Д゚彡「なるほど 確かにディフェンスに定評のあるモララーがついた方が良いな」

( ´_ゝ`)「実は俺もそれが言いたかった」

(´<_` #)「おい」

タイムアウトの終了を審判の笛が伝える

(´<_` )「話は後だ 行くぞ」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 00:55:59.50 ID:NpfX/YobO

ラウンジ高校のオフェンス

八秒をフルに使いボールを運んでいく

('A`)「まだ十点開いてるからな」

('A`)「そういえばこのゲームは第何ピリオドまでやるんだ?」
  _
( ゚∀゚)「これは練習試合なんで前半十分後半十分のハーフゲームだ」

('A`)「ゆっくり運ぶ訳だ 十点差あればまだまだ安全圏ってことか」

(`・ω・´)「そういうこと」

(`・ω・´)「弟者!」

(´<_` )「はいよ モララー!」

( ・∀・)「ナイスパス」

時間を大切に、といった様子でラウンジ高校側はパスを繋いでいく

まるで相手の焦りを誘うように

( ・∀・)「一対一して良い?」

( ´_ゝ`)「抜けるならな」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 00:57:40.75 ID:NpfX/YobO

( ・∀・)「うーん……やっぱりきついわ 弟者!」
  _
( ゚∀゚)「へっ、勝負してこいよ」

( ・∀・)「焦らない焦らない」
  _
(; ゚∀゚)(時間を長く使っての攻め、いやらしいな)

(;'A`)「くそ」

(´<_` )「焦ったらほら」

(;'A`)「なに!?」

(´<_` )「抜けるんだな、これが」

( ´_ゝ`)「流石だ弟者」

( ´∀`)「ヘルプモナ」

(´<_` )「はいゴール下が空いた」

ミ,,゚Д゚彡「ナイス」

フリーでボールを貰ったフサギコのシュートは誰にも阻まれることなく決まった


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 00:59:20.82 ID:NpfX/YobO

('A`)(こいつ……)

(´<_` )←こいつ

('A`)(ディフェンスはあまりうまくないが視野が広くて味方を活かすのがうまい)

( ^ω^)「もう一分切ってるお」

(´・ω・`)「前半最後の攻撃行くよ!」

ボールを運び再びドクオへとボールが渡る

('A`)「ディフェンス変わったな……ってお前!?」

( ・∀・)「お久しぶり 中学の新人戦以来だね」

(;'A`)(こいつは……)

( ・∀・)「手はもう大丈夫なの? あの日はすぐ病院行ったみたいだったけど」

(;'A`)(こいつは!)


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:00:57.98 ID:NpfX/YobO

―――――
('A`)『レッグスルー、左か』

( ・∀・)『逆だ』

('A`)『チッ』

(;'A`)『なっ!?足が絡まっ!』

(; ^ω^)『ドクオ!?』

(;'A`)『手、俺の手どうなってる!?ブーン!』

(; ^ω^)『ドクオ……』

( ・∀・)(おいおい……)
―――――
ξ゚?゚)ξ「何やってるのドクオ!」

(;'A`)「……」

審判「五秒オーバータイム!」

  _
( ゚∀゚)(どうしたんだ……?)


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:02:34.34 ID:NpfX/YobO

ミ,,゚Д゚彡「おいモララー、何かしたのか?」

( ・∀・)「さぁ、僕の眼力にビビったのかな」

( ´_ゝ`)(んな訳ないだろ)

(´<_` )(だがこれはチャンスかもな)

しかしラウンジ高はこのチャンスを活かしきれずに前半を11-23で終了する


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:04:07.47 ID:NpfX/YobO

ξ゚?゚)ξ「お疲れさま 点差は大して縮まってないけど良い調子よ」

('A`)「ブーン、相手の六番……」

( ^ω^)「どうしたお?」

(;'A`)「いや、やっぱいいわ」

(;'A`)(当たったことある選手くらい覚えとけよ)


( ´_ゝ`)「本当かモララー」

( ・∀・)「間違いないよ」

( ・∀・)「補欠君はブランクがある」

(´<_` )「速くてシュートフォームも綺麗だったが」

( ・∀・)「最初だけさ 後半はスリーポイントどころかミドルシュートも入らないね」

ミ,,゚Д゚彡「とにかくアイツはモララーに任せたぜ」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:05:46.85 ID:NpfX/YobO

審判「白のボールから」

休憩が終わり後半が始まる

('A`)「俺らチームから……前半ジャンプボール負けたの?」

('A`)「ブーンがジャンプで負けるって信じられないんだけど」

(; ^ω^)「ジャンプでは勝てたんだけど……」
  _
( ゚∀゚)「敵の方にボール落としちゃったんだわ」

(;'A`)「把握した」

('A`)「よし、一本きっちり決めよう ショボン、ボールくれ」

ショボンはパスアンドランを試みるが

シャキンのディフェンスが強くてドクオからのリターンパスは無理であった


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:07:21.35 ID:NpfX/YobO

( ^ω^)「ドクオ、こっち!」

ショボンが先ほどまでいた位置へブーンが上がってくる

それに対してドクオは

('A`)「パス!」

( ・∀・)「こっry!?」

モララーはパスコースを塞ぐがドクオの手からボールは離れていなかった

(*'A`)「……なんちゃって」

(; ・∀・)「くっ、フェイクか」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:09:31.61 ID:NpfX/YobO

釣られたモララーの逆へドリブルを一つ

('A`)(タイミング完璧、シュート)

(;'A`)(!?)

ドクオの手を離れたボールはリングを越え……

審判「アウトオブバウンズ!赤」
  _
( ゚∀゚)「リキみ過ぎだ 力抜け」

(;'A`)「あ、あぁ……」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:11:28.96 ID:NpfX/YobO

( ・∀・)ニヤニヤ

( ・∀・)「弟者」

(´<_` )「なんだ?」

( ・∀・)「次にアイツ抜く時は強引でも左からにしてみ」

(´<_` )「……?わかった」

(;'A`)(もうかよ……)

( ^ω^)「ドクオ?」

('A`)「なんでもねーよ」

( ^ω^)……

(´<_` )「お喋りしてて良いのか?」

('A`)「へっ、今度は抜かせねぇぜ」

(´<_` )(腰が低く左手はボール、右手はシュートコースをうまく塞いでいる)

(´<_` )(さっきは焦ってたから抜けたがこれは……)

( ・∀・)「弟者!」

(´<_` )「わかったよ!」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:13:31.48 ID:NpfX/YobO

右へ一つフェイクを入れ左へ抜くためのドリブル

('A`)「おせぇよ……っ!」

ディフェンスをするドクオの右手が弟者の体に触れる

(;'A`)「っ!?」

(;'A`)(チクショウ、いてぇ)

(´<_` )(集中が切れたか?)

弟者はドクオの隣まで並ぶとそのまま飛びジャンプシュートを決める

(;'A`)「くそっ!」
  _
( ゚∀゚)「ツン!」

ξ゚?゚)ξ「何?」
  _
( ゚∀゚)「タイムとってくれ ドクオがなんか変だ」

ξ゚?゚)ξ「……わかったわ」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:15:12.75 ID:NpfX/YobO

すかさずタイムアウトの申請をするツン

審判「タイムアウト白!」

そのドクオへの気遣いに気付きに毒つくドクオ

('A`)「何でタイムアウト取るんだよ」
  _
( ゚∀゚)「お前ジャンプシュートからおかしいぞ ストレッチ不足か?」

(;'A`)「うっ、まぁ……そんなところだ」

( ^ω^)「嘘は良くないおドクオ」

( ^ω^)「ツン コールドスプレー持ってきて」

(;'A`)「おいブーン!」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:17:04.86 ID:NpfX/YobO

( ^ω^)「サポーター外してくれお」

(;'A`)「……」

(; ´∀`)「腫れてるモナ」

( ^ω^)「ドクオを誘ったのは僕だお」

( ^ω^)「けどこんなになるなら誘わなかったお」

('A`)「見た目ほど酷くねぇよ 試合は続ける」
  _
(; ゚∀゚)「大丈夫かよ」

('A`)「あぁ」

('A`)「けど俺へのパスは全部バウンドさせてくれ」

( ^ω^)「……それで良いなら」

('A`)「ホント大丈夫だって スプレーしたらマシになったし」

審判「両チーム入って」

('A`)「ほら、行こうぜ」


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:18:45.94 ID:NpfX/YobO

  _
( ゚∀゚)「けどこっから逆転……キツいよなぁ」

ξ゚?゚)ξ「逆転できたらおっぱいうp」ボソッ
  _
(; ゚∀゚)!?

ξ゚?゚)ξ「ID付きでうp」ボソボソッ
  _
(; ゚∀゚)!!?
  _
( ゚∀゚)「ヨッシャぶち勝つぜてめぇら!!」

ξ*゚?゚)ξ(するかもしれない……ふふ)

(´・ω・`)(なんだろう……風を感じる 物凄い邪な風を)


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:21:06.20 ID:NpfX/YobO

  _
( ゚∀゚)「ショボン!ボール貸せ!」

(´<_` )「急に張り切り出したな」
  _
( ゚∀゚)「うっせぇ!この試合には俺の人生がかかってんだよ!」

(´<_` ;)「人生……うお!!」
  _
( ゚∀゚)「ヒャッハー!俺のシュートを見ろ!」

体の横から腕が円を描くように曲がり

そこから放たれたシュートは見事にバスケットを通過した

(´<_` ;)(フックシュートも打てたのか)
  _
( ゚∀゚)「6ゴール差!お前らオールコートで当たれ!」

敵はさも当然と言った感じでドクオのマークする弟者へボールを回す

コート上の全てのプレーヤーがドクオの異変に気付いていたのだ

(;'A`)「うぅ」

(´<_` )(左から!……なん!?)

ボールを運ぶ弟者の予想外の場所からブーンが出てくる

( ^ω^)「ドクオのところから切り崩すのは予測済みだお!」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:24:06.38 ID:NpfX/YobO

ξ*゚?゚)ξ「ターンノーバー!」

( ^ω^)「モナー!」

( ´∀`)「まかせろモナ」

モナーがゴール下を決め点差は10にまで縮まった

(´<_` )「くそぅっ」

(`・ω・´)「弟者、落ち着いて ボールは僕一人で運ぶよ」

(´<_` )「頼んだぞ」

シャキンとショボン

ポジションは同じで顔も似ている二人であったが

バスケの腕に関して現段階でショボンが勝るモノは無かった

  _
( ゚∀゚)「ショボン何やってんだ!」

(;´・ω・`)「そんなこと言ったって」

(`・ω・´)「そんなに体を浮かせてたら」

(;´・ω・`)そ「嘘!?」
  _
(; ゚∀゚)「股の下ボール通されるとか」


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:25:55.24 ID:NpfX/YobO

ショボンが抜かれ慌ててジョルジュが止めに入るが

当然ジョルジュが元々ついていた選手をマークする者がいなくなり

(`・ω・´)「モララー」

( ・∀・)「ほいさ」

しかしその“当然”を読みきり動く人間が一人いた

(; ・∀・)「……って、うわぁ」

('A`)「まぁ単純にフリーになったお前にボールは行くよな」

(`・ω・´)「くっ」

('A`)(こいつは視野が狭いな)

シャキンに追い抜かれ、そのシャキンよりも遠くにいるショボン

怪我の功名、戻りが遅いことが幸いし彼が一番敵陣のリングに近い位置にいる

('A`)「ショボン、フリーだ楽に決めろ」

(´・ω・`)「うん……」

(;´・ω・`)「あっ」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:28:24.01 ID:NpfX/YobO

(#'A`)「ゴール下外してんじゃねぇよ」

⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン

( ^ω^)「ボールとったお」

( ^ω^)「ゴール入れたお」

( ´_ゝ`)……

(; ´_ゝ`)そ「速くね!?」

(´・ω・`)「あ、ありがとう」

( ^ω^)「ゴール下はきっちり決めるんだお!(これでツンの評価うp美味しいのうww)」

( ^ω^)……チラッ

ξ;゚?゚)ξ「何あの走り方 素でキモかったんだけど」

( ゚ω゚)ガーン
  _
( ゚∀゚)「ナイスプレイだぜブーン!あと八点差だ」

( ^ω^)「……バスケが恋人ボールは友達」ブツブツ


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:31:01.71 ID:NpfX/YobO

('A`)(時間は……)

(;'A`)(ゲッ、あと三分しかないじゃん)

('A`)「ショボン」

(´・ω・`)「えっ?……うん、わかったよ」

(`・ω・´)(ディフェンスが変わったね)

(`・ω・´)「次は君か」

('A`)「コンチワ」

(`・ω・´)(離れすぎず、かといって近すぎず 嫌な時にプレッシャーもかけてくる)

(`・ω・´)(本当に良いディフェンスだ)

(`・ω・´)(けど右手側から抜かれるのに弱いのはわかってるよ!)

追い抜く瞬間シャキンは油断からボールを庇う右手を出すのを忘れていた

相手は怪我を負っているという油断から

しかしショボン右側からドクオの『右手』がボールを奪い去る


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:33:14.01 ID:NpfX/YobO

(;`・ω・´)「なっ!?痛むんじゃ」

(*'A`)「またまたやらせて頂きましたw」

('A`)「タイムアウトとった時冷したし結構休めたし実はボール叩くだけなら痛くなかったり」

(;`・ω・´)「でもついさっき弟者と接触した時は……」

('A`)「あれはブーンのとこに誘うための演技ね」

('A`)「と言うわけで庶民シュート!」
  _
( ゚∀゚)「19-25!勝てるぞ」

(;´・ω・`)(しかし……凄い)

(; ´∀`)(ドクオが入ってからうまい具合に失点が減り得点が増えたモナ……)

(; ´∀`)(思えばショボンは初心者だったしブーンは本来のポジションでなかった)

(; ´∀`)(このチームに必要だったのは有能なガードだったのかも知れないモナね)


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:34:55.03 ID:NpfX/YobO

( ^ω^)「もう一本守るお!」

('A`)「運ばせねーよ」

(`・ω・´)「むぅ」

(´<_` )「シャキンこっちだ」

('A`)(この二人を俺とショボンで……)

('A`)「(抜かれるな)……ショボン下がるぞ あとマークも戻そう」

(´・ω・`)「えっ!でも……」

('A`)「大丈夫、まだ二分以上ある ギリだが六点差ならハーフで守っても追い付ける」

(´<_` )「言ってくれるね」

(`・ω・´)「みんな点差を広げるよ!」

ミ,,゚Д゚彡( ´_ゝ`)(´<_` )( ・∀・)(『アレ』をするのか)


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:36:58.73 ID:NpfX/YobO

(`・ω・´)「フサギコ!」

(´・ω・`)「あっ」

ハイポストにいるフサギコへのパス

ショボンは首だけで振り向きボールの行方を追ってしまう

シャキンはその隙にフサギコの脇を通り抜けようとする

(;'A`)「マークしてる相手から目を切るな!」

('A`)「(パスか!?)モナー!スイッチしてやれ!」

( ´∀`)「わかったモナ!」

(`・ω・´)「出てくるならボールは」

( ´∀`)「……こいつボール持ってないモナ」

ミ,,゚Д゚彡「ここで俺がシュート狙う」

('A`)(俺が行くしかない!)


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:38:45.91 ID:NpfX/YobO

ミ,,゚Д゚彡「で、来たら」

(´<_` )「俺がフリーになる」

( ^ω^)「まだ僕がいるお!」

(´<_` )「コイツが飛び出すと」

( ´_ゝ`)「ゴール下がガラ空きと」

(; ^ω^)「おっ!?」

(;'A`)(セットプレイ、綺麗に決められたな)

('A`)「(それなら……)ブーン、アレやるぞ」

( ^ω^)「アレって……」

('A`)「アースウインドアンドファイヤー」

ミ,,゚Д゚彡(厨二だ)


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:40:28.01 ID:NpfX/YobO

(; ^ω^)「でもあれの成功率は練習してた時でも五割……」

('A`)「時間無くて点差8あるんだぞ 賭けも面白いじゃん」

(; ^ω^)「ミスっても知らないお」

( ・∀・)「なんだそのアース何とかってのは」

('A`)「黙ってディフェンスしてろ」

( ・∀・)「言われなくても」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:41:56.97 ID:NpfX/YobO

( ^ω^)「ドクオ!今だお!」

( ´_ゝ`)(フェイクも入れずにゴール下へ移動……なめてるのかただのカッティングか)

( ´_ゝ`)(パスコースは俺の体で塞いでるぞ)

( ・∀・)「兄者!ボール行ったぞ!」

( ´_ゝ`)「は?」

兄者が振り向くとボールはドクオの手からボード一直線に放たれていた

( ´_ゝ`)(シュート いやパスか!)

ボードへ叩きつけられたボールをブーンが空中でキャッチ

(; ´_ゝ`)「なっ!」

ブーンはそのまま……

審判「バスケットカウント1スロー!」


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:43:30.15 ID:NpfX/YobO

着地するブーン、吹き飛ばされる兄者

ブーンのシュートに皆はとある別のシュートを連想させられていた

('A`)「ナイッシュ」

( ^ω^)「なんとかタイミングが合ったお!」

(; ´_ゝ`)(ダンク行くかと思った)

(´<_` ;)(体勢がダンクだったよな)

('A`)「簡単に言えばボードに跳ね返ったボールをそのままタップするってだけだが意外と難しいんだよなこれ」

('A`)「俺があんなボール投げるタイミングとブーンの走り込むタイミングが合わなきゃダメだし」

('A`)「それにブーンについてる奴に俺が投げたとこ見られたら止められちゃうし」

(; ・∀・)「敢えてファウルをもらうためにフェイクも入れずに走り込んだのか」

('A`)(しかしこれでブーンがフリースローを決めて五点差 残り時間は一分強)

('A`)(同じ手は使えないし……)

(*'∀`)(アレもやってみるか)


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:46:09.34 ID:NpfX/YobO

ブーンはフリースローを決めて戻ろうとするもドクオに呼び止められる

('A`)「次はアレやるから」

( ^ω^)「まだ現実的な奴だおね把握」

ボールを運ぶシャキンはそれを止めようとするショボンに

今までにはない覇気を感じた

(´・ω・`)「もう抜かせ無いよ」

(;`・ω・´)(触発されたか……さっきまでの迷いがない)

('A`)(良いぞ……このまま行けば)

審判「八秒オーバータイム!」

(;`・ω・´)「……っ!」

( ´_ゝ`)「大丈夫か?」

(;`・ω・´)「だ、大丈夫だよ、あと50秒で五点入れられなきゃ勝ちなんだ」

(´<_` )「……あぁ」


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:48:43.01 ID:NpfX/YobO

攻めと守りが入れ替わり敵陣までボールを運ぶドクオ

彼はボールをキープしながら味方の位置があるポイントにくる時を待っていた

('A`)(モナーがローポストに移動した、今だ)

('A`)「ジョルジュ!」

右45度にいるジョルジュへパスを出したドクオはその逆方向へと走り出す

( ・∀・)「兄者!スクリーン!」

( ´_ゝ`)「チッ、無理だ!スイッチ」
  _
( ゚∀゚)(また何かやるのか?)

ジョルジュからブーンへのパス

ブーンはキャッチしたボールを顔すら振り向かずに先程まで自分がいた場所へ投げた


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:52:04.28 ID:NpfX/YobO

(; ・∀・)「なに!?」

(; ・∀・)(ノータイムでノールックパス、先にはもちろん)

('A`)「スクリーンかけてる俺がまだいると」

絶妙のタイミングでパスを受けとるもバウンド無しでキャッチしたドクオの右手が悲鳴をあげる

(;'A`)(うっ、シュートに行きたいが手が……)

(´・ω・`)「こっち!」

('A`)「ショボン頼む」

ボールを持ったショボンはスリーポイントライン付近からボールを放った

そのボールは今まで彼が放ったどのシュートよりも綺麗に

(;´・ω・`)「入った……!」

( ・∀・)(二点差……しかし残り三十秒こっちボール なんとか勝てたな)

(;`・ω・´)(本当に守り切れるか)

(´<_` )「シャキン、こっち」

( ´_ゝ`)「弟者パスをくれ!」
  _
( ゚∀゚)「時間が……!」


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:56:04.63 ID:NpfX/YobO

(;'A`)「焦るな!」

('A`)(ブーン、味方がボール持ったらすぐに走れ)

( ^ω^)「わかったお!」

( ´_ゝ`)+「隙!」

(; ^ω^)「あ!?」

ドクオとの会話で隙を見せてしまったブーン

だが相手チームとしてもこの焦った攻めは歓迎すべきものではなかった

ミ,,゚Д゚彡「馬鹿兄者!もっと時間使え!」

( ´_ゝ`)「決めれば問題ない!」

( ´∀`)「決めればモナ」


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 01:57:35.65 ID:NpfX/YobO

突然兄者の視界に現れるモナー

(; ´_ゝ`)「だが!……っ!?」
  _
( ゚∀゚)「ヘルプに来た奴が元々ついていた人間にパス」
  _
( ゚∀゚)「お前らのクセか?ドクオ!」

('A`)「ジョルジュお前格好良すぎだぞぜ!」


63 名前:だぞぜ→だぜ:2009/02/09(月) 01:59:01.86 ID:NpfX/YobO

( ・∀・)「けどドクオ君には僕がついてるよ」

('A`)「昔のことなんて」

( ・∀・)(レッグスルー、……とれる!)

('A`)「もう忘れたぜ!」

(; ・∀・)「なっ!?」

(; ・∀・)(レッグスルーからのバックロール!?これはあの時の!)

('A`)「ブーン!決めろ!」


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 02:04:00.93 ID:NpfX/YobO

ξ;゚?゚)ξ「えっ嘘!?」

(; ´_ゝ`)「高っ!?」

ブーンはそのままボールをリングへ

(´・ω・`)「届くの!?」

('A`)「行けブーン!」

叩きこんだ

( ^ω^)(……何かやらかしちゃった希ガス)

( ^ω^)「……入った?」

('A`)「ばっちり決まったぜお前のダンク……」

('A`)「……ん?」

 __[審]
  (  ) ('A`)
  (  )Vノ )
   | |  | |

( ^ω^)……


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 02:05:34.48 ID:NpfX/YobO

(;'A`)「あー審判の人いわくな……」

( ^ω^)……

(;'A`)「いや、俺は間に合ってたように思ったんだけどな」

( ^ω^)……

(;'A`)「時間が……」

( ^ω^)……

⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン!

(;'A`)そ「こら、ブーン整列だ!」

(; ・∀・)「アイツにブランクがなくて」

(; ・∀・)「ちゃんとしたテーピングをしていたら勝敗は……」

( ´_ゝ`)「もしもの話はするな」

(´<_` )「……次の夏が楽しみだな」

ミ,,゚Д゚彡「あぁ」


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/09(月) 02:06:48.41 ID:NpfX/YobO

 __[審]
  (  )  ……
  (  )
   | |

[審]__
川 ゚ -゚)(面白い試合だった)



[審]__
川 ゚ -゚)(だが両チームまだまだ荒削り……これからに期待、か)

[審]__
川 ゚ -゚)「整列早くして!」

(;'A`)「ブーン!」

( ^ω^)「ブーンのダンクは入ったんだおー!」

fin.
スポンサーサイト
  1. 2009/02/11(水) 02:43:28|
  2. ブーン系小説(短編)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<( ^ω^)正しい恋愛のススメのようです | ホーム | ('A`)オナニー職人ドクオのようです>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatimituboy1061.blog66.fc2.com/tb.php/102-3d377678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。