ハチミツ的な何か ?ブーン系小説短編まとめ?

ブーン系小説短編まとめサイトですお( ^ω^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

静かな夜のようです。


311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/24(水) 17:32:24.43 ID:V3kDELJoO

 君はころりと地面に横たわっていた。
 僕はそのさらさらの白を撫でようとしゃがみこんで、そっと手を伸ばす。
 指先に触れた君はひどく冷たくて、僕は妙に悲しくなったんだ。

 真っ白で痩せ細った君は、雪の降る中、何を思うんだろうね。

 ねぇ、寒いと思わないかい。
 僕も寒いんだ、だから暖めておくれよ。

 寒いんだ、寒くて寒くて、泣いてしまいそうなんだ。


 ねぇ、しぃ
 僕を暖めておくれよ。




静かな夜のようです。


313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/24(水) 17:34:14.51 ID:V3kDELJoO

 君はよく僕の膝に乗って、頬擦りをしては僕に甘えてきたね。
 この時計ほしいなあ、なんて雑誌を見ている僕の膝に乗っかって。
 ふわふわでさらさらで、とても暖かい君。

 僕はそんな君が大好きで、何度も抱き締めようとした。

 けれど君は抱き締められるのが嫌いだから、嫌がって暴れて、蹴られたり噛まれたりしたっけ。
 手や顔にたくさん傷が付いたけど、不思議と嫌な気分はしなかったんだ。

 君が確かにそこに居る、それが幸せだったから、蹴られたって引っ掛かれたって、なんにも気にならなかったのかな。


 ねぇ、しぃ
 こないだ君に引っ掛かれた頬の傷、まだ痛むんだよ

 ねぇ、頬擦りをして、いつもみたいに少し申し訳なさそうな顔をしてよ。
 膝の上に乗って、首を傾げてよ。




314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/24(水) 17:36:06.64 ID:V3kDELJoO

 あれはいつ頃だったかな、僕がツリーの飾りつけをしている時。
 君がツリーに悪戯をして、ツリーを倒してしまったんだ。

 ツリーは折れて、オーナメントはぐちゃぐちゃで。
 つい、かっとなって君に怒鳴り付けてしまったね。
 ごめんね、驚いただろう。しょうがない事だとわかっていたのに、つい怒鳴ってしまったんだ。

 君は、僕の声に驚いて家から飛び出してしまった。
 慌ててそのあとを追いかけたんだけれど、君の姿、あっという間に見失ってしまった。

 ずっと探したんだよ。
 ずっとずっと探したんだよ。

 それでも君は見つからなかったんだ。


316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/24(水) 17:38:03.24 ID:V3kDELJoO

 君は何日経っても帰ってこなくて、僕は君がお腹を空かせていないか、寒がってはいないか、ずっと心配だった。
 事故にでもあってたら、誰かにつれてかれてたら。
 ずっと、胃を痛めながら過ごした。
 何で怒鳴ったりしたのかと、ひどく後悔した。

 お願いだから帰ってきてと、膝の上にいない君に涙した。


 それでね、今日、雪が降る中、傘をさして出掛けていたんだ。
 そうしたら、通りかかった路地の奥に見えたんだ。

 僕が君に巻いてあげたリボン。
 そして、真っ白な君の姿。


318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/24(水) 17:40:06.33 ID:V3kDELJoO

 もう辺りは暗くて、それでも君の姿は白く浮かぶようによく見えた。
 慌てて駆け寄った僕は、君の前にしゃがみこんだ。

 君はとても冷たくて、動かなくて。
 君の隣には、僕が欲しがっていた時計が転がっていて。


 ごめんね、ごめんね、ごめんね、
 僕が怒ったから、だから、君は、

 あああ、僕は、もっと早く、君を見付けるべきだった。
 こんなに冷たくなる前に、見つけなきゃいけなかったんだ。

 しぃ、しぃ、ねぇ、しぃ
 僕の膝に乗って、頬擦りしておくれよ。

 ねぇ、しぃ




319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/24(水) 17:42:05.78 ID:V3kDELJoO

 僕は傘を投げ捨てて、君を抱き締めた。
 小さくて冷たくて、固くなってしまった君を。

 見てごらんよしぃ、雪が降ってるよ、君みたいに真っ白だよ、ねぇ。


( ・∀・)「……ねぇ、しぃ……綺麗だね」


 僕の呟きは、夜と雪に消えて行く。
 冷たい君は、もう動かなくて、


(*^ー^)『にゃあん』


 君の声が聞こえた気がした。
 でも君は、くったりと目を瞑っている。


 夜はとても静かで、静かで
 僕としぃを、ゆっくり雪の中に消して行くように、ただただ、静かだった。



おわり
スポンサーサイト
  1. 2008/12/26(金) 04:19:06|
  2. ブーン系小説(総合)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(´・ω・`)ショボンはサンタのようです | ホーム | (   )はξ゚?゚)ξツンを愛するようです>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatimituboy1061.blog66.fc2.com/tb.php/10-4bce8743
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。